10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

マダガスカルの青い青い鳥 Madagascar Blue Vanga(マダガスカル ブルー バンガ)ルリイロマダガスカルモズ

マダガスカルの青い青い鳥 Madagascar Blue Vanga(マダガスカル ブルー バンガ)ルリイロマダガスカルモズ

Vanga バンガという、マダガスカル地域にのみ存在する仲間の鳥。

バンガは、和名が、「モズ」、「オオハシモズ」とされるが、

日本のモズとは全く違う、

ここだけの鳥の仲間。

マダガスカル固有と言わないのは、このブルーバンガに似た種が、

コモロ諸島にもいるから。

バンガは、マダガスカルの代表的な鳥で、

いろんなタイプの鳥がいる。

くちばしの形が変わっていてみるからにわかりやすいものや、

サイズが、小さい物から大きい物まで、

動き方も、数種類以上のタイプに似る。

ざっくり、ひとことで言うと、どの種もじっとしてない。

要するに、観察しにくい鳥。

見つけたら、さっさと見ないと

早くに動いてしまうので、

見失うし、

見損なう。

そもそも、

森の中での鳥の観察は、木の枝や葉があるので、

難易度高めですが、

しっかり、見た気になるまで、時間がかかる鳥ともいえ、

マダガスカルで見たい鳥の仲間の筆頭に上がりますが、

ストレスのたまる鳥でもあります。

でも、このブルーバンガ、

本当に写真の様な青さで、

光が当たると、

背中のブルーが輝いて、

ほんとうに美しい。

写真が撮れて、

後から、見返し、

くちばしと、目の部分にある水色に気づき、

うなってしまった。

一度、よく見てしまうと、

その見るのが難しかった事も報われる。

鳥は、図鑑より本物の方が、

どの鳥も美しいのですが、

この鳥の美しさは、

図鑑では全く分からないよなぁと、

改めて思いました。

本当に、青い青い鳥でした。