マダガスカルの青い青い鳥 Madagascar Blue Vanga(マダガスカル ブルー バンガ)ルリイロマダガスカルモズ

Vanga バンガという、マダガスカル地域にのみ存在する仲間の鳥。

バンガは、和名が、「モズ」、「オオハシモズ」とされるが、

日本のモズとは全く違う、

ここだけの鳥の仲間。

マダガスカル固有と言わないのは、このブルーバンガに似た種が、

コモロ諸島にもいるから。

バンガは、マダガスカルの代表的な鳥で、

いろんなタイプの鳥がいる。

くちばしの形が変わっていてみるからにわかりやすいものや、

サイズが、小さい物から大きい物まで、

動き方も、数種類以上のタイプに似る。

ざっくり、ひとことで言うと、どの種もじっとしてない。

要するに、観察しにくい鳥。

見つけたら、さっさと見ないと

早くに動いてしまうので、

見失うし、

見損なう。

そもそも、

森の中での鳥の観察は、木の枝や葉があるので、

難易度高めですが、

しっかり、見た気になるまで、時間がかかる鳥ともいえ、

マダガスカルで見たい鳥の仲間の筆頭に上がりますが、

ストレスのたまる鳥でもあります。

でも、このブルーバンガ、

本当に写真の様な青さで、

光が当たると、

背中のブルーが輝いて、

ほんとうに美しい。

写真が撮れて、

後から、見返し、

くちばしと、目の部分にある水色に気づき、

うなってしまった。

一度、よく見てしまうと、

その見るのが難しかった事も報われる。

鳥は、図鑑より本物の方が、

どの鳥も美しいのですが、

この鳥の美しさは、

図鑑では全く分からないよなぁと、

改めて思いました。

本当に、青い青い鳥でした。

この記事を書いた人

橋場みき子

1年に地球5周を移動して、世界に生きもの観察の旅へご案内していましたが、コロナで大好きな仕事ができなくなり、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)を家族に迎え、娘の大好きなSnowMan目黒蓮さんからレンと名付けて自宅で観察。

結果、急速にレンを溺愛、爬虫・両生類とSnowManにも大はまりし、元気になる。体を整えつつ、数年先の旅を計画。それまで、今まで見てきた生き物・大自然の美しさをお伝えしていこうと決意。

見た方に興味や愛着をもっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。(2021年1月14日記)

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。