シンヤBさんの写真学講座 アーサー・マイヤーソンさんの写真集の読みかたを教わる

シンヤBさんの写真学講座 アーサー・マイヤーソンさんの写真集の読みかたを教わる

シンヤBさん写真学の講座は、

今回で3回目。

会社を辞めてから、

写真のことが、学びたくて、

どうしたらいいのか迷いつつ、

感覚に任せて学びはじめて、

今に至る。

シンヤさんは、自然写真家ではない。

テンプル大学で写真を教えている教授で、

アーティスト。

今まで、私の周りにいた方とは全く違う畑の方で、

何を聞いても、

いつも新鮮。

iPhoneで写真を撮ることも、

望遠以外はそれで十分!

と思った自分を後押ししたのも、

シンヤさんの存在だったかもしれない。

今回は、

写真集の読み方、

を教わる。

ここで、話は飛びますが、

先月、

シンヤさんのフェイスブックからのお誘いで、

アーサー・マイヤーソンさんのワークショップが開催されることを知り、

場違いと思いつつ、

強烈にひかれるものがあったので、

思い切って参加したら、

同時通訳付きのワークショップは、

想像を超えて、

学びの深いものでした。

色、光、影、ブラックカラー、瞬間、フレームインフレーム、など、

様々な要素の説明と共に、

どれも刺激的な説明を受け、

それが写し込まれた写真を共に見せられ、

猛烈にどきどきした。

夜、すぐに眠れなくなるくらい、

頭の中がぐるぐるして、

興奮した。

写真集は、一万円だったけど、

アーサーさんの写真をもっと見たい、

よく見たい!と思って買い求めた。

もちろん、そんな高い写真集を買ったのは初めて。

そして、

2回目のシンヤさんの講座の時に、

写真には意味がある、

伝えたいものがあると習ったので、

その写真の目的を考えようとしながら、

写真集を一人で見ていたけど、

それが何なのかわからない写真もたくさんあって、

今日、シンヤさんに聞いたら、

次々に伝えてくれて、

かつ、

写真を1枚ずつ見るのでなく、

見開きで見ると言われ、

それは、まったく、想像してなくて、

あ〜、そうなんだ〜、

全然そんなこと気づいてなかった〜、と。

あの時に写真集を買って、

今日シンヤさんに意味を説明をしてもらって、

やっと完結したと感じる。

アーサーさんが、

意図を持って、撮影してるからこそ、

それを読むことが出来る、

とシンヤさんが言うのを聞いて、

言語でないものを読む、

ということを初めて知った。

写真一枚と、

写真集を見るのは、

全く違うことだと知る。

そんなことを聞いた今夜、

また、新たにドキドキしている。

こんなシンヤさんの写真学、

誰でも受けられますので、

興味のある方、お知らせください!

繋ぎます。

次回の予定はまだ出ていませんが、

ぜひ一緒に受けましょう!