CP⁺パシフィコ横浜のカメラ&フォトのイベントで感じたこと

みなとみらい パシフィコ横浜からの景色

THETA(シータ) という360度撮影が可能なカメラのワークショップに参加するために、大規模イベント、CP⁺(シーピープラス) CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2017 のイベント会場、横浜の「みなとみらい」駅にあるパシフィコ横浜まで行ってきました。

初めての景色が日本でないみたいで圧倒されつつ、人の流れに乗って会場へ無事到着。

旅行業界のイベントとは比較にならないほどの人とお金が動いていることを入ってすぐに感じ、キレイなお姉さんがいる、ドローンが飛んでる、など雰囲気に飲まれながらも、ワークショップ会場を確認していったん外にでました。

慣れてきたら、結構楽しくなり、軽くて使いやすそうなカメラバッグや、海外でガイドに薦められたけど見たこと無かったカメラペン(レンズをクリーニングするもの)など見つけ、開催時間までぶらぶらし、リコーの会場へ再度いくと、イベント会場で講演してる人の最後の言葉が胸に刺さりました。

大切な人との時間を空間と共に残しましょう

THETA(シータ)は、360度撮れるので、子供を撮っても自分も写るし、周りも写る。撮影者は映らないカメラの弱点を補うカメラだと。なるほどと。ちょっと、使うのにハードルがあったTHETAですが、これを聞いて、気持ちが楽になりました。

シンヤBさんのワークショップ

そしてメインのワークショップ。THETAをどうやって持ち運んでいるのか、撮影する時のTHETAの持ち方、撮影に適切な距離、シャッターはたくさん押せばいいとか、という具体的なアドバイスがとても今の自分にはヒットしました。

まだ全く使いこなせていないので、質問も出来ないような状況でしたが、それでもリアルにお話を聞くというのはやっぱりいいなぁと思いました。シンヤBさん、ありがとうございました。ブログに伺って、少しずつ勉強します。

で、終了後、リコーのブースで、THETAのデモンストレーションをパソコンでしているのを見かけ、どうやるのですかと聞いてみました。持ってるけど、よく使えないのでと恥を忍んでダイレクトに言いました。何がしたいですかと問われ、ウっときましたが、話していてFB(フェイスブック)にアップするという方向性で話がすすみました。

試しにアップしようとしたら、何故かうまくいかない。エラーメッセージがでて、係の方が、自分よりわかる人のところへ、それでもだめで、さらに三人目の方に尋ねてわかったのですが、その過程がなんだか勉強になりました。わかる人に聞いていくという簡単そうなことなのですが、いろいろ話しながら可能性を潰しているようで、で、「(せっかく持ってるのに使えないのは)もったいないから、なんとかしたいじゃないですか。」と最初の人が次の人に言っているのを聞いて、そういうものかと。IT苦手で、つまずくと放置してしまう癖のある自分は、たしかにIT以外なら自分もそう思うのに、ITだからといって投げるのはおかしいよなと、気づきました。次から少し頑張れそうです。

とても刺激的な一日になりました。帰宅して、FBの設定を見直しました。ちょっと進歩した一日でした。新しいことっていいなぁと、常に新しいことにチャレンジできる位の余裕をいつも持つぞ!という気にもなりました。

お世話になった皆さんありがとうございました!

 

 

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。