銀座の街路樹がカツラへ 黄葉時期に甘い香ばしい匂いがしたら、それはカツラからです

東京、銀座の中央通りに植えられている街路樹を、

2020年の東京オリンピックに向けてカツラに変えているという新聞記事を読みました。

既に、半分は昨年に植え替え済みで、

この冬に残り半分の植え替え工事が行われます。

銀座通りにふさわしい、

冬のイルミネーションに似合う、

などの条件をもとに、

円すい形の美しい樹形に育つ、カツラが選ばれました。

カツラ、

好きな樹木です。

好きな理由は、

葉が黄葉して、ある時、こうばしい、においがするからです。

甘くて、おいしそうな、カラメルみたいな匂いがします。

キャラメル味のポップコーンみたいな匂いともいえます。

時期はそんなに長くないのですが、

におっている時なら、

誰でも、遠くからでも気づく香りです。

しかも、葉の形が、ハート型でかわいい。

花の観察会を講師と共にご案内していたとき、

樹木の観察会も計画しました。

下見に行って、

花よりもずっと難しい事に気づき、焦りました。

そのとき、最初に覚えた樹木がカツラでした。

それ以来、秋に、香ばしい香りがしてくると、

近くにカツラがあるんだなぁと、

それだけで、ふっと心が温まるので、好きな樹木になりました。

どこかで、出会えると幸せな気分になります。

最近、名古屋の東山動物園で、

「ん? 甘い香り? もしや?」と、足もとの葉を拾ってかいだら、カツラの葉で甘い匂いがしました。

雨が降っていたのと、もう終わりかけで、かすかなにおいでしたが、

久しぶりにかげて、うれしかったのでした。

銀座の街路樹に、

合計約140本のカツラが、来年2,3月頃にはすべて植え終わるとのこと。

来年の秋以降が楽しみです。

今年、歩いていて既に気づいた方はいたでしょうか?

今度、銀座にいったらチェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。