最終日のボルネオ島(Borneo)からおはようございます!

自然の旅に出ると毎回、

学びがある。

出会いがあって、

新しいことを知ることが多い。

自分の信念を再確認することもある。

訪れた国のプロのガイドからの学びは毎回大きい。

ガイドのレベルも様々で、

一流な人ほど、

コミュニケーション能力は高いし、

わからないことを聞いたら、

惜しげも無く教えてくれる。

そして、すごいことをサラッとやっている。

今回は、熱帯雨林の森での夜間観察、

哺乳類の観察方法について、

たくさん学んだ。

考えることも沢山あった。

アフリカ、サバンナでの夜間観察経験があって、

やっとここに来れたこともにも気づいた。

夜間観察はギャンブルで、

見つけられるか否かは、

確率を上げることは出来ても、

最後は運にかかってくる。

今回ラストの朝のボートクルーズ。

哺乳類狙いは当たりハズレが大きい。

鳥はある程度は安定感がある。

ツアー最終日、

気持ちのいいモーニングクルーズであってほしい。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。