ボルネオ島(Borneo)の熱帯雨林 フタバガキ科(Dipterocarpaceae)の一斉開花 2019

ボルネオ島(Borneo)の熱帯雨林 フタバガキ科(Dipterocarpaceae)の一斉開花 2019

フタバガキ科(Dipterocarpaceae)の樹木が、

ボルネオ島(Borneo)の熱帯雨林の7割を占める。

その樹の花が6.7年に一度、

一斉開花する。

毎年咲かない。

そして、エリア内でのみ同調し、

この森は咲いたけど、

あっちの森はまだ咲いていないという状況になる。

極度の乾燥が開花のトリガーではないかとも言われているが、

詳細は不明。

そして一斉開花のタイミングは、

森の中が、

突然、

餌が豊富な状態となる。

動物たちにとって天国で、

食べ物が沢山あるから、

森の外に出る必要がなくなり、

動物観察には不向きなタイミングになる。

かつ、

花に誘われ、

ハチが増える。

夜の観察時に必要なライトを当てると、

いろんな虫が集まってくるが、

このタイミングだと、

危険なハチもよんでしまう。

森の見た目は、

木々が、白っぽくなり、

粉をふいた、

ふわっとした感じになる。

「山が笑うと」いう表現があるが、

そんな感じ。

正確には、山というより、

「森が笑う」

という感じがする。

熱帯雨林を見ていると、

山というより森という言葉がしっくりくる。

2019年は、

既にデラマコット(Deramakot)森林管理局の森ではスタート。

3月20日頃まで2ヶ月降らなかった雨も降った。

この後、ボルネオ島の島中の森で、

始まるのでしょう。

それぞれ、いつ始まるかはわからないけど。

できることなら、

実の時期に再訪したいです。

海外の自然、動植物に出会いに行く「自然の旅」をご案内しています。

ご興味ある方は、活動予定をご覧ください。