10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

フタバガキのたね ボルネオ島サバ州 でたくさん見てきました

フタバガキのたね ボルネオ島サバ州 でたくさん見てきました

今年の3月に花が咲いたのを知り、

実がなりタネが落ちる頃を狙って再訪した

マレーシアのボルネオ島の旅から帰国しました。

200種以上あることは書籍で読んでいましたが、

実際にフィールドでみつけた実は、

どれも違う種類に見え、

種数が多いことを実感しました。

フタバガキの樹木がある場所と、

フタバガキの実が落ちている場所はだいぶ遠いこともわかりました。

空からクルクル回って落ちてくるのを見たときは、

声を上げてしまいました。

かなり強い風が吹かないと、

タネは落ちないようで、

降るように落ちてくるのを

見ることはかないませんでしたが、

実際にフィールドに行って、

見たことで、

興味が次々とわき、

ガイドや同行者と談義して楽しみました。

本で見ていた時は疑問に持たなかったことも、

現地で気になり出して、

植物育成のプロに質問し新たな知識を得たり、

それを元にまた観察する。

「シチズン サイエンティスト(一般市民の科学者)だね!」

と、現地ガイド。

楽しい時間でした。

熱帯雨林の植物観察、

今までより親しみがわき、

もっと知りたいと思うようになりました。

わかったことをまとめようと思いますが、

まずは、この感動をお伝えします。