10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

タイガーオーキッド 板橋区立 熱帯環境植物園 まだ満開です

タイガーオーキッド 板橋区立 熱帯環境植物園  まだ満開です

三田線、高島平駅から徒歩約8分。

板橋区立の植物園、

ミニ水族館付きの施設があります。

入場料大人260円。

区内在住者もそうでない人も同じ料金、

リーズナブルに楽しめる施設です。

夏休み最後の週末で、

沢山の子供づれの親子で賑わっていました。

タイガーオーキッド開花

花の黄色地にブチの模様から、

タイガーと名のついた花。

世界一大きいランで、

植物園が開園して25年にして初めて開花したと、

その情報だけ母から聞いて、

やってきました。

世界一大きいって、

そういうキャッチフレーズはよく聞きますが、

確かに大きなランでした。

株が大きい

世界一花が大きいわけではなく、

株全体が大きいのです。

高さ3〜7メートル、

重さ2トン弱にもなると説明書きにありました。

咲いていなかったら、

ランとは自分は気づかない株だなぁと。

まだ蕾もあり咲いてます

もう20日以上咲いていますが、

まだ蕾もあり、もうしばらく観察できると思います。

新聞に載ったのを見て、

今回見にきたのよと話しているグループもいました。

ほかの見どころ

夏休みシーズンでしたので、

子供の自由研究向けに、

食虫植物の展示も沢山ありました。

小さな植物園ですが、

ミニ水族館があり、

図書コーナーがあり、

結構充実。

熱帯植物園、

植物に興味のある方なら

楽しいところですよ。

タイガーオーキッドの他にも、

ほかのランや、

お花も咲いていましたし、

いろいろあって面白いです。

動物園デートもいいですが、

植物園デートもいいなぁと新たな気づき。

夏は冷温室が涼しくて快適です。

私はヒスイカヅラの咲く頃に、

再訪したいなぁと思います。