パナマの通貨 アメリカドル 旅行中にパナマのコインをもらったら早く使うこと

パナマの通貨はアメリカドルです。

アメリカドルが、普通にそのままつかえます。

外国人だから使えるというのではなく、

実際にパナマの人達もアメリカドルを使っています。

自国の紙幣がありません。

コインはあって、

パナマのコインは、

パナマでしか使えないので、

もらったら、早くに使い切ったほうがいいです。

ババ抜きのジョーカーな感じ。

アメリカドルの1セントの小銭でも使えます。

お釣りは、ドル、パナマのコイン、両方混じっても来たので、パナマの人は、

本当に同じ感覚なんだろうと推測。

現地の人にとっては、

どちらも使えるから、

気にしてないだけかもしれない。

だから、米ドルにしてと言ったら変えてくれるかもしれないと、今これを書いていて気づく。

パナマ運河を作ったのはアメリカで、

1914年にできて以来、1999年12月31日までは、

アメリカの所有物で、アメリカが儲けていました。

アメリカがパナマの独立を助けたという事も聞きました。

パナマとアメリカ、

いろんな関係性があって、

通貨もアメリカドルなんだろうと思いますが、

また一つ、自国の通貨を持たない国を知りました。

自国の通貨を作らないというのは、

技術的なのか、信用問題なのか、今さら作れない、いや作らないのかわかりませんが

パナマシティの大都会ぶりを見ると、

自国の通貨がないことは不思議な気がしました。

こんな風にアメリカドルを自国通貨にしている国があることも

アメリカが大国(たいこく)である故なんだろうと思います。

パナマ経済より、アメリカ経済のほうが安定しているからなんでしょうか。

いつか、この件が気になる人、または詳しい人と話してみたいです。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。