10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

スリランカの爬虫類と・両生類 トカゲ、ヘビ、ヤモリ その2

スリランカの爬虫類と・両生類 トカゲ、ヘビ、ヤモリ その2

スリランカで出会ったかわいくてカッコイイトカゲを筆頭に、ほかいろいろ。

1ツアー分を一気にアップします。

日本から近くて、直行便でぴゅっといける、とっても行きやすいスリランカ。

最近のテロでしばらくは日本からの観光客は激減するかもしれませんが、

自然豊かな国なのは間違いありません。

爬虫類・両生類好きな方は特に、おすすめです。

今となっては、全く何の種類かもわからないけど、ヘビです。

珍しくちゃんと撮影できたヘビ

ちょっと高いところにいて、雌を探していると説明があったけど、本当か? このタイプのトカゲが見つけやすくて、可愛くて、とっても嬉しかった。

これは、おまけのナマケグマ。

ヤーラ国立公園で、夕方、出口に向かって急いでいる時に、道路際にいるのを自分が見つけられて嬉しかった子。

バックして戻ったら、道路に出てきてくれて、ゆっくり観察できました。

生き物の情報は、現地に行ったときに現地のガイド、レンジャー、ドライバーから聞くのが最新情報を得られる。

こっちが本気で探しているのがわかると、相手も真剣に探すようになるガイド、ドライバーもいるし、

いつものコースを適当に流して済ます残念な人もいる。

人とのいい出会いも、自然観察の旅には重要な要素。

新しい情報を得て、少しずつ目的地を変えて行くので、

毎回違うものを観察することになる。

実際、同じ場所に同じ時期に行っても、

全く同じものが観察できるわけではないので、

動植物の観察は、本当に一期一会だけどね。