懸命にやってきたことに疑問を感じ気づく 心の整理の偉大さ

パタゴニアのパイネ国立公園

明日が最終出社日なので、ファイルの片づけをしていました。膨大な量ですが、まずは昨年の分から手をつけはじめました。

去年は、海外ツアーに10回も行ったので、手配ファイルもかなりの量でした。

それを大事なところだけスキャンすべく、仕訳をしていて思ったのが、なんでこんなに懸命に仕事ができたのかなぁと。

この仕事好きです。でも、それだけじゃないよなぁと。とりつかれたように仕事をしていた、ことに気づきました。そして、仕事をしていることを言いわけにしていたなぁと、気づきました。

でも、その言いわけをしなくてよくなってしまい、それであっさり辞めることが決意できたのかもしれません。

心が整理されること、ってすごいことなんだと、改めて気づきました。

写真の湖の水面のような穏やかさで、今います。

この景色は、パタゴニアのパイネ国立公園の山々です。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。