家庭と両立できる職業の選択について娘と話した日

小清水原生花園

娘に突然聞かれた。「ママは私がやりたい仕事をダメっていう?」と。

「できれば、危険じゃない方がいいなぁ~」と、私。自分の仕事は棚にあげて、話している。

「最終的には、自分で決めることだからね、反対はしないけどね。」

そんな話を少ししていたら、「でも、(私がつきたい仕事は)子供がかわいそうな、仕事だなぁ。仕事のせいで、約束が守れない。」と娘が言う。

私は、つい最近まで娘と共に過ごす時間は、本当に本当に少なかった。

先週は、娘が期末テストで、毎日早く帰ってきていたので、娘好みのボリュームある昼食をせっせと作っていた。

「生まれて初めてママのお昼ごはん、毎日食べた気がする。」と言われた。

確かにそうだ。自分でもこんなに作ったことはない。

そんな日を過ごしていたせいかもしれない。

「家庭には向かない仕事ってあるよね。」

「う~ん。残念ながら、そうだね。子供二人は作れないと思ったよ、ママの仕事では」と。

「そうだよね。」

「それから、思い出したからついでに言っておくね。若いうちはいいけど、どうしたって、男性と比べたら筋力や体力はないから、体はきつくなるよ。今から考えられないと思うけどさ~。将来のこと考えて仕事なんて選べないと思うけど、少しは考えた方がいいよ。」

「言ってることわかるよ。家庭もあるもんね。」と

働くことと、家庭をもつことを既に頭に描いているんだと、驚きました。

こんな話をするようになったんだなぁと思った日でした。

☆写真は2017年6月30日の北海道、小清水原生花園。ちょうど、花のピークに当たりました。まだフレッシュな花ばかりで、お天気もよく、電車も来て、最高でした。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。