アフリカ・タンザニア セレンゲティの玄関 ナービヒルゲート

北部タンザニアのサファリでは、最も遠い場所に位置する公園が、セレンゲティ国立公園です。

スワヒリ語で、「果てしない草原」という意味ですが、日本人の感覚で言っても果てしない草原が広がるのが、セレンゲティ国立公園です。

その玄関口がナービヒルゲート。

国立公園の入り口では、必ず入園手続きが必要で、頻繁に方法が変わるため、毎年1回は訪れてきましたが、毎回スムーズに終わらないのがその手続きです。

ドライバーガイドが手続きをするので、私達は待っていればいいのですが、遅いときは30分以上もかかることがあります。

待つ間に何をするかというと、まずトイレ休憩。

そして、そのあとは、鳥や小動物ネズミやトカゲなどの動物観察へ。水がちょろちょろ流れているところは、穴場で、鳥の水飲みや水浴びを楽しめます。また、トイレの建物の裏手の屋根には、コウモリがぶら下がっていることがあるので、念のためにチェックが欠かせません。ちょっと怪しい人ですが。

お土産屋さんも、ここのゲートが一番豊富で、切手を買いたいならここで入手してください。2017年2月10日現在は在庫がありました。何故か海の貝殻の絵柄で笑えましたが。

そして、私がオススメなのは、カシューナッツです。アフリカンママが手作りで作っていると書いてあります。

また、ゲート名の由来になった、ナービヒルという小さな丘が実際にゲート内にあって、すぐ登れるので登ると、写真ような景色が見られます。そして、レインボーアガマと呼ばれれる、雄が赤と青でカラフルな大きめのトカゲも多数いて、面白いところです。

ナービヒルゲートは、セレンゲティ国立公園に行くなら、必ず通るところですので、十分に楽しんでください。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。