日暮里駅事件 70代女性 激昂口論 考察

2019年3月20日のはなし。

パン屋でパンを買っていたら、背後でにわかに激しい口論勃発。

怖くて振り向けなかったが、全ての顛末を聞く。

歩いていてよろけそうになったAさんが、通りすがりの知らない人Bさんにすがろうとした。

Bさんはびっくりして、反射的に手を払った。

手を払われたAさんが瞬時に激昂。

「私が怖いって言って、捕まろうとしたのに、何で手を払うのよ?」と罵るように言った。

「払うに決まってるじゃない、びっくりしたんだから。」とBさんも即、いい返した。

「足悪いのにひどいわ!」とAさん、

「そんなのわからないわよ、それなら杖もって歩きなさいよ!」とBさん、

Bさん負けずにテンポよく言い返したので、

Aさんはひるんだのか、そのまま立ち去った。

時間にしたらほんの短い間だけど、

周辺の人々に緊迫感が漂った。

パン屋の若い女性のひきつった顔を私は見ていた。

見知らぬ人からキツイ言葉をなげられたのに、

間髪入れず言い返してるからBさん強いと思った。

Aさんは顔をチラッと、

Bさんの顔は見てないけど、

声や、背後から感じた雰囲気で同じぐらいの年代と推測。

言葉の応酬にビックリ。

Aさんが怒るのもわかるけど、

そんな言い方はないと思った。

Bさんもとっさのことで、

手をはらってしまったのなら仕方ない。

Aさんが罵る口調で責め立てたから、

言い返す口調がきつくなったんだろう。

「払うに決まってるじゃない、怖いもの。」

とその後、パン屋に来たAさんが、

つぶやいていたから、

本当に怖かったんだと思う。

Bさん、

売り言葉に買い言葉だったに違いない。

人に怖い口調で言ったら、

同じ波長のものが返ってくる。

そんなことをもろに感じた。

家族にはときどきやってしまうけど、

やめよう、気をつけようと思った。

それにしても、

2人のテンポいいやりとりに驚いた。

変な言い方だけども、

2人とも同じくらい言い合える実力があってよかった。

どちらか一方だけが、いいくるまれなかったのは、

不幸中の幸いだと思う。

Aさんも転ばなかったわけだし。

と書いて頭を整理しつつ、

ドキドキをおさめました。

学びある体験でした。

と、

書き残してあったのをみつけたので、

ブログにアップしました。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。