2019年3月マレーシア・ボルネオ島 写真で旅するふりかえり

ボルネオ島は、日本の約2倍の広さの大きな島で、

世界で3番目に大きな島。

3つの国、マレーシア、ブルネイ、インドネシアからなっている。

マレーシア・サバ州のデラマコットとキナバタンガンの2カ所を

訪れて生き物を探す旅に3月に

イリオモテヤマネコの研究者であり、

ボルネオ島と西表島の生き字引のような安間繁樹先生と一緒に行ってきました。

先生と旅するのは、3回目。

デラマコットは、

最近、観光客もやっと受けいれはじめた場所で、

熱帯雨林の森の歴史が古く、平均樹高が30~40メートルくらいで、

さらに20メートル以上高い、突出した樹もあるような森でしたが、

マレーシアで森林伐採が、継続的にされていることもわかってしまう場所でした。

国が成り立つのは難しいなぁと、

アブラヤシのプランテーションの話も合わせて聞き改めて感じました。

ボルネオ島の熱帯雨林の森が、日本からもっともアプローチしやすい、熱帯雨林です。

熱帯雨林の環境での生き物観察は、

いろんな意味で、

なかなか難易度が高いですが、

初めてならこの島をおすすめします。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。