いま県外移動時に注意する3点 2020年6月19日山梨県・三つ峠山荘へ行って気づいたこと

2020年6月19日に県外移動する

6月19日より県外移動が許されるようになり、

19日から1泊2日で、

自然草原保全活動として

毎年伺っていた

三つ峠山荘に、

急遽、6人で行ってきました。

今年は、

コロナで勝手に無理だと思っていたのですが、

山荘のご主人からご連絡いただき、

約1週間まえの突然の声がけになってしまいましたが、

メルマガで声をかけた方と共に行くことができました。

県外移動してわかったこと3点

自宅から山梨県の河口湖駅へ電車で、

そして三つ峠登山口まで実際に移動しました。

同じ時期に、同じ場所へ

ここ4年連続して訪れていたので、

違いが明白でした。

そして、

3点は移動時に気をつけたほうがいいと感じました。

1 飲み物・食べ物は、最低限確保して出かけよう

2 電車は通常ダイヤ通り動いていない

3 バスも突然運休していることもある

1 飲み物・食べ物は、最低限確保して出かけよう

河口湖駅は、例年、外国人観光客でいっぱいなのですが、

もちろん外国人観光客はいないので、

駅は、ほとんど人がおらず、

駅の売店、飲食店、土産屋、なにも開いていませんでした。

駅そばにはコンビニがないので、

自動販売機で飲み物しか買えません。

これから、少しずつオープンするのでしょうが、

いつになるかは、わかりません。

観光地とはいえ、

お店、飲食店などが開いていない、

そういう可能性があることを考えて

動く前に、

最低限の食べ物、飲み物などの準備をしたほうがよさそうです。

帰りには、

駅前のほうとう屋さん「ほうとう不動」のお店も閉まっていて、

結局、もっていた非常食を電車で食べました。

2 電車が通常ダイヤ通り走っていない

Yahoo乗換案内や駅探のアプリを使って、

移動時は電車を確認していますが、

コロナによる変更は、全て網羅できていないようで、

記載と異なっていました。

変更が多すぎて追いついていないのかと思われますが、

帰宅時はひどく乗り継ぎが悪く、

待ち時間が長くなりました。

普段は、到着時間がわからないバスの利用は避けますが、

こんな時は、高速バス利用の方がよかったと後から思いました。

現状、

普段行く場所でないところへの移動は、

時間に余裕をもち、

最終電車などギリギリの電車の利用は避けたほうが無難だと感じました。

3 バスも突然運休していることもある

河口湖駅から、三つ峠登山口までバスで行く予定でした。

平常時ではないので、

変更は予測でき、事前にネットで運行されているのは確認したのですが、

実際には、運休されていました。

待っていたのにバスが時間通りに来ないので、

営業所に電話したところ、運休ですと言われました。

が、

ネット上の情報が間違っているのはともかく、

バス停に書いてある貼り紙を読んでも、

運休だとはわかりません。

なんだか、すっきりしませんでしたが、

そういうこともあると、

思っていたほうがよさそうです。

なんにしても、

まだまだ平常時ではないと認識して動くといいですね。

そのほか

コロナの休業を余儀なくされた結果、

最近、廃業したタクシー会社があると山荘のご主人から話を聞きました。

以前、利用したタクシー会社だったので、

そういうことも、今後たくさんあるのだろうなぁと。

よく行っている場所の方が、

違いに敏感で、不便に感じることが起こりうるかもしれません。

最後に

普通の観光地への移動なら問題にならないことばかりしれませんが、

山や自然に出るような少し不便な場所に出かける際の参考になれば幸いです。

野外に行く方は、

非常食や飲み物は常に持っているし、

トラブル対応能力も高いと思うので、

大丈夫だと思いますが、

誰もが久しぶりのお出かけになるので、

気をつけて、楽しんでくださいね。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。