海外旅行トラブル 飛行機乗り継げなかったら どうしたらいいのか?

海外旅行トラブル 飛行機乗り継げなかったら どうしたらいいのか?

海外旅行で、自然豊かな場所が目的地だと、

飛行機の乗継ぎは普通。

直行便で行かれる場所は少なく、

少なくとも1回、

多いと2回乗り継がないと、

目的地に行かれないことがほとんどです。

という訳で、いつも乗り継ぎですが、

いつも気を遣います。

なぜなら、乗り継ぎに失敗したらリカバリーするのが大変だからです。

乗継の失敗 航空会社に責任がある場合

よくあるパタンが、

最初のフライトが到着遅延などによる理由で、

次のフライトに間に合わなかった場合。

これ、明らかに航空会社に責任がありますので、

カウンターに行って、

次のフライトの搭乗券をもらいましょう。

ただし、乗継便が、共同運航便で他社の運航だと、

親切でない場合がほとんど。

共同運航便の航空会社のカウンターに行って、

経緯を説明する必要があり、

どちらにしても、次のフライトの予約をしてもらう必要がある。

担当者によって、親切じゃない人に当たったら、

別の人にもう一度言ってみるくらいの気持でいた方がいい。

また、行き先が同じ人がいて、

その人が親切そうだったら、

くっついて行って、

「同じようにして!」というのもありだ。

英語以外の言葉の国で交渉しないといけない場合、

例えば、中国だったら、中国語での交渉が必用になることが多い。

自分のミスで乗り遅れた場合

乗継の搭乗ゲートで寝落ちして、乗りそびれたと聞いたこともある。

乗継地でパスポートを無くして、乗れなかったり、

自分のミスで乗り遅れたら、

買い直すしかない。

最少乗継時間MCT

各空港には、

最少乗継時間=ミニマム・コネクティング・タイム、MCTが決められている。

このMCTは各空港のサイトなどで調べられるが、

自分で飛行機をとる場合は参考にした方がいいし、

乗継時間には、本当に余裕をもって計画したほうがいい。

予約の際に気をつける

実は、飛行機のスケジュールを決める時に、

乗継がうまくいくかどうかは、

おおよそわかる。

日本からのアメリカでの乗り継ぎは、

時間がかかることが多い。

最低3時間以上は見た方が安全。

多少遅れても大丈夫なくらい、

4、5時間あってもいい位だ。

ファストレーンなるものもあるけど、

日本から最初にアメリカに入る際には、

必ずアメリカの入国手続きを取る必要があるから、

そのつもりで、いたほうがいい。

間違って食品を持ち込んだりして、

別室に連れていかれたりしても間に合う。

天候の理由でフライトが飛ばない時

これは結構大ごと。

自分だけが乗り遅れてるわけでなく、

多くの人が乗り遅れ、予定変更を余儀なくされているから。

状況を把握し、

何度もスケジュール変更などが入っても腐らず、

カウンターに並んで、

新しい搭乗券をもらうまで、がんばろう。

落ち着こう

予定通り乗り継げなかった時、初めてだとパニックになるかもしれないけど

落ち着こう。

焦っても仕方がない。

大丈夫、なんとかなる。