アフリカ・タンザニアのお土産 マサイ族作成 ビーズのバッグ

今年の2月に購入したビーズのバック。

オルドパイ渓谷に新しくできた、

建物の中に、

マサイ族のお土産を売る場所が多数できていました。

作り手、作家さんのセンスや作り具合によって、

全く異なってくる手芸作品を、

見るのは大好きです。

いつも時間はないけど。

今回は、

作り途中のものをみて、

これは大変だわ!と

思ったら、

欲しくなったし、

上から目線で、いやな感じのする方もいるかもしれないけど、

買ってあげたくなったのと両方で、

買いました。

17cm×10㎝×3㎝のサイズ。

iPhoneXは入るし、

色はシルバーやブラックもありましたが、

作りがしっかりしてそうな方を優先にして、

色は後から選択。

ゴールドというのか、茶色のピカピカする感じです(笑)

マサイ族の人は、

女の人が、

一日中、家で仕事をしていると聞きました。

ご飯作り、水汲み、子育て、そのほか、

だから、見る機会が少ないと。

サファリ中に途中で会うマサイ族の人は、

男性ばかりで、

「マサイ族の女性は外に出ないの?」

とドライバーガイドに以前気になって聞いたら、

そう教わりました。

オルドパイ渓谷の博物館の学芸員、

キュレーターも男性ばかりです。

マサイ族がするようになったことは、

いい方向だと思いますが。

女性に、

そういうチャンスがそもそもないのか、

聞いたことはありませんが、

次回行って、今年のキュレータの彼にまた会えたら、

聞いてみたいと思います。

左の彼がキュレーターで、わかりやすく説明してくれました。

右の彼は、お土産部門の管理者のようで、普段よく見るマサイ族よりずっとオシャレでした。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。