アフリカ・タンザニアのお土産 動物シマウマ柄のトレイ

今まで、40カ国くらいをご案内しましたが

何度も、何度もいく場所、国は限られます。

私の人生の中で、もっとも回数の多いのが

アフリカ・タンザニアなので、

タンザニアのお土産の数は、結構あります。

身近に使っているものからご紹介。

さすがに、何度も同じところに行っていると、

動物の置物とかは買わなくなり、

実用的に使え、

かつ、

基本、動物が好きなので、動物ものが欲しいという欲求をみたすもの、

そして、

自宅に置いていて、

アフリカ、アフリカして目立ちすぎないもの、というか、

くどすぎないもの、

でも大好き!

と自信持って言えるものを

を探します。

そんな私の希望を満たしてくれるお店が一軒だけあって、

タランギーレ国立公園の入口に最も近いロッジのお土産屋さんが

私の知っている限り、

もっともセンスがよく、おすすめです。

また、タンザニア人経営なのもポイントが高いです。

現地ドライバーガイドは、

あそこはインド人経営だからな、、、と、

サラッということが、

しばしばあって、

特にダメだとか言うことはないのですが、

できれば、タンザニア人のお店を使って欲しいと思っているんだろうなぁと感じていましたが、

その点もクリアです。

で、前置きが長くなりましたが、

そこで購入したトレイです。

シマウマ柄がしつこくなく(あくまで私の主観です)

ステキに使われているのがいいなぁと思って、

即買いしました。

大きさだけ迷いましたが。

平らなので、スーツケースにもしまいやすいし。

もう5年位使っているせいか、やや黄色っぽくなってきましたが。

もっと大きなトレイから、小さなものまでありました。

手作り品は、

一点物が多く、

サイズが選べないことが多いですが、

そこのお店は、

わりに、

お土産のバリエーションも、

かつサイズの種類も豊富で、

選ぶ楽しさも満喫できます。

今年はビーズのアクセサリーまで売られていて、

よりハイセンスになっていました。

きっと、仕入れ担当者のセンスがいいのでしょう。

昔、13年前にタンザニアに行きはじめてしばらくは、

心からおすすめできるものもお店もなく正直困りましたが、

今は、

日本と同様にとはいいませんが、

買物が楽しめる、

おすすめのお店があるので、ひと安心です。

年々、センスがよくなっているのも楽しみです。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。