ヒョウモントカゲモドキ レン日記 ペーパータオルで隠れる

レンのケージ(お部屋)の床には、

ペーパータオルを敷いています。

トイレ後に、手を拭く紙です。

端を7センチ程度で折り、2重にしています。

端にウンチをするからです。

本当は、

レンのお父さんと同じくキッチンペーパーを用意したかったのですが、

ちょうど買えない時期で、

わが家では普段は使わない、ペーパータオルを

レンの床材に代用しはじめました。

その後、

キッチンペーパーは、買えるようになりましたが、

ころころ変えない方が落ち着くだろうと思って、

そのまま使っています。

そのペーパータオルに、

レンが自分でくるまりました!

それは、

娘がシェルターが入っていないケージの中に、

レンを入れたから起こった事件でした。

隠れるところがないので、

落ち着かないレンは考えたようで、

床に敷いていた、

ペーパータオル2枚を自分で動かし、

1枚をかぶってケージの隅で寝ていました。

一瞬、

ケージにいない!

とすごく焦ったのですが、

めくったら、

いました!

つぶらな目で見上げてきて、

とてもかわいかった。

レンからしたら、

起こされて???

だった顔なんだと思いますが。

たった、それだけの事なんですが、

白い薄いペーパータオルにくるまっていたレンが愛おしくて、

ブログを書いてしまいました。

そして、

もうしばらくそのままにして離れていたら、

今度はまた別のくるまり具合で寝ていたので、

快適さを求める生き物かも?と。

2枚の薄い紙にくるまった姿は、

浮浪者みたい!

とも思ったのですが、

娘には意味が通じず、説明することに。

私が子供の頃は、

秋葉原のガード下にたくさん寝ていて、

どうしても通らないと行けなかったピアノ教室に行くのに毎回怖いから、よく見ていたのですが、

最近はリアルに見かけることがないからわからないのかぁと、気づく。

大学時代に、新聞にくるまって寝たこともあったのを思い出しましたが、、、

そんなことは、もちろん娘に言ってはいません(笑)

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。