ネコ科の動物 その1 ヒョウ Leopard 

セレンゲティのヒョウ

アフリカの北部タンザニアに位置する、セレンゲティ国立公園まで行くと、出会えるヒョウです。

生息数が、ヒョウ<チーター<ライオン なので、ヒョウは一番少ないのですが、定住性があるので、チーターに比べると見つけやすく、観察しやすいという感じです。

10回行って、ヒョウはまだ見逃したことはありませんが、出会える距離や、頻度は毎回全く異なりますので、運次第です。

トップの写真のヒョウは、くつろいでいて、食後だったのかもしれませんが、毛づくろいもし、しばらくその場にいてくれたので、しかも近距離でしたので、かなりラッキーでした。

くつろいだ顔は、ネコそのもので、かわいいです。

実は、ヒョウはいつも樹の上で寝ていることが多くて、地面で見ることは稀です。

がっしりした体格、肉厚なボディ、カッコいいです。

サファリをしていると、あなたはネコ派?イヌ派?と好きな動物、気になる動物で改めてよくわかると言われる方がいます。

私は、もともとイヌ派だったと思いますが、大型ネコ科を見てから、ネコ科の動物が美して、カッコよくて、たまりません。
顔をなめるヒョウ

獲物を追う姿はまた、本来の姿で美しいというか、あっという間に草原に隠れ、わからなくなってしまうのを見ると、すごい!としか言いようがないのですが、何度見ても毎回、いろいろ気づかされ、驚きます。

アフリカへの弾丸ツアー6、7日間などを時々見かけますが、アフリカまで行くのに、やはり短い時間だと、いろんな動物が見られません。

とりあえず公園に行くことが目的になってしまい、観察に時間がかけられないからです。そうすると結果的に動物が見られないことになるのですが。

なので、ぜひ、アフリカに行くときは、時間を取ってくださいね。まずはそこが大事です。いつでも相談にのります。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。