イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

シロクロコロブス(アビシニアコロブス)出会えないかもしれないサル

シロクロコロブス(アビシニアコロブス)出会えないかもしれないサル

タンザニア北部のサファリで、最も出会うのが難しいサルはこの種、シロクロコロブス、別名アビシニアコロブス(Abyssinian-Black-and White Colobus)です。

どこにでもいるサルではなく、アルーシャ国立公園でしか見たことはありません。他の公園にも図鑑上では生息していることにはなっていますが、樹上生活者なので、いるとしたらマニヤラ湖国立公園くらいではないかと推測できますが、そこでは見たことはありません。

このサル、群れで樹の上で採食しているところに出会えるかどうかが、見られるかどうかのポイントです。
キリマンジャロ空港から最も近い場所にあるこの公園は最初にサファリをする場所なので、皆さんまだサファリに慣れないころに出会うサルです。よく見える場所に出てくれればいいのですが、そうでないと見難くて、結構ツライです。

白い長いふさふさの尾、背中にマント状の白い毛皮を着ているようです。一度だけ、地上に降りているのを見ましたが、それは水を飲みにきていました。お陰で背中まで、クリアに見えました。
シロクロコロブス

このサル、グループで鳴きかわしもするので、耳をすませつつ、探すときは、樹の上、樹の中を探します。2回に1回位の率で見られるサルです。

美しいサルなので、ぜひアルーシャ国立公園に立ち寄って、探してみてください。