【今週の1枚】世界でいちばん大きい 青い スミレコンゴウインコ Hyacinth Macaw

ブラジルの鳥図鑑の表紙に描かれる鳥、スミレコンゴウインコ。

大型インコの中でも、最も大きく、世界で一番を誇る大きさ。

全長、約100cm。

青くて美しかったせいで、ペットとして大量に捕獲され、

また牧場の開発等で、大きな樹が切られ、

巣として利用していた木の穴、樹洞が激減して利用出来なくなり、

1980年代に1,500羽まで数を減らし、絶滅しそうになった。

でも、主食としていた実のヤシノキを保護、

捕獲禁止などの保護活動がうまくいき、

1990年代には、5,000羽ほどにまで復活。

ブラジル・パンタナールの象徴的な生き物として、

アイコンとして使われるようになった。

実際に、現地で、

このインコの絵がモチーフにされた手作りのお土産品をたくさん見た。

そして、私も一つ買ってしまった。

この青くて大きなインコは一度見てしまうと、

鳴き声は他のインコと同様、

いやそれ以上にけたたましくうるさかったけど、

ほぼ全身が青く、

尾羽等の一部に、黒い羽があるのもまた美しく、

魅せられる鳥でした。

図鑑の絵や写真で見るよりも

実際に見た方が、

どんな鳥でもずっと美しいし、

印象的なことは多いのですが、

この鳥は特にそう感じました。

パンタナールに行けば、

見るのは難しくない鳥ですが、

早朝、真昼間、そして夕方と

いずれも光の条件が難しくて、

そのブルーの色味を美しく撮ることは叶わず、

ジャガーと共にまた出会いにいきたい鳥です。

下の写真のように、ペアでいるのをよく見ました。

パンタナールには2回訪れましたが、

図鑑にあるような、2、30羽の大きな群れには、遭遇しませんでした。

撮影日:2015年9月2日
撮影場所:ブラジル・パンタナール

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。