私とカメラと写真 肩書き

コンパクトデジタルカメラ、ソニーサイバーショットで、

植物を撮影しはじめたのが2006年。

その後、オリンパスのデジタル一眼レフカメラで、

マクロとズーム望遠レンズで

植物と鳥を撮影しはじめる。

その後、より軽量な、マイクロフォーサーズへ移行。

ボディを変えるとカメラの腕が上がった気がして、

カメラの技術の進歩の恩恵を一身に受け撮影をつづける。

写真を撮ることで、

あとから時間をかけての鳥の識別が可能になり、

鳥への興味が急激に上がる。

動植物とも、

撮ってあとから見直すことでフィールドでは気づかなかった細部を見ることができ、

かつ調べられるようになり楽しくなる。

鳥を動物をもっと美しく撮りたいの気持ちが徐々に強くなり、

独立を気に単焦点300mm望遠レンズへ。

2019年8月、

フルサイズのカメラに望遠レンズをつけて撮影する女性を目の当たりにし、

ときおり検討しては無理だと諦めていた

フルサイズカメラへの挑戦をボルネオで決心。

バードガイドに機種の相談を現地でし、

帰国後、そこからもまた悩み使っている人に相談。

結局、予定どおり、

ソニーα9と200-600mmを手に入れる。

約4kgの手持ち撮影は、やはり重く機動力が格段に落ち、

旅の終了後に差し上げる写真に差し障りがあると判明。

オリンパスOMD EM1 MARKⅡと併用することに。

望遠2台もちにしたので、マクロレンズは封印。

2017年頃から風景写真はiPhoneで撮るようになり、

それに伴い、動画も撮るようになる。

2020年4月以降は、

α9は眠ったままだったが、最近久々にとりだす。

愛機、MARKⅡは、

2020年に新しくはまった爬虫・両生類を

300mmをつけて無理やり撮っていたが、

昨秋に12−100mmを新たに入手し、

適正なレンズがやはり重要と学ぶ。

このブログ中の写真は、

そんなカメラ遍歴の中、私が撮影したものです。 

写真のこと、

時々、学んだりしていますが、

相変わらずよくわかりません。

私の中で、写真はあくまで観察記録であり、

自分を説明するにあたり、

「写真家」というのはどうにも居心地がわるいので、

「自然旅行撮影家」

と名のることにしようと、

最近やっと整理がつきました。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。