太陽のパワー 朝日のエネルギー 胸熱なアフリカの朝

アフリカ、タンザニアの朝日の写真。

手前の大きな木はバオバブ。

朝日は、どこで見ても美しく、大きなエネルギーを感じずにはいられないが、

アフリカの太陽のパワーは格別で、

朝晩は涼しいを越して寒いくらいの時もあるのに、

太陽が登って9時頃には、日差しですっかり暑くなる。

今朝あんなに寒かったのが嘘みたい!

ということを経験する。

太陽のエネルギーが、どれだけすごいかを、

太陽に焼かれ、肌で感じる。

寒い時は、直射日光を早く浴びたい!

とまで思うようにアフリカではなる。

太陽エネルギーで、暖を取る。

太陽が沈むと、一気に気温が下がる。

それをとても感じやすいのが、アフリカ。

アフリカに行けば、すばらしい朝日を見るチャンスは高いけど、

うわー!!っと声が出てしまうような最高な朝日には、どこでも出会える訳ではなく、

イチオシなのが、タンザニアのタランギーレ国立公園。

セレンゲティ国立公園のサバンナに上がる朝日も素敵だけど、

樹林帯があり、バオバブの巨木が多いタランギーレ国立公園のほうが、

美しいまさに絵画のような朝が、

目の前で明けて、朝日が登っていくのを見ることができる。

莫大なエネルギーと共に、1日がはじまる。

何度みても、胸熱くなる景色で、

その場にいるだけで、すごくパワーをえて、

自分の体にエネルギーが満たされていく感じだ。

今すぐにでも、そこに行きたい。

撮影地 タンザニア、タランギーレ国立公園
撮影日 2月19日

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。