やんばる春 ブロッコリーの森 唯一明るい色の時期 2022年3月24日〜28日

3月下旬から4月にかけて、沖縄北部やんばるは春をむかえ、一年中ほぼ濃いグリーンの森に、その時期だけ、明るい黄緑の色が差し込まれます。

明るくなったやんばるの森をブロッコリーの森と表現し、写真が掲載されているのを見たのは、新潮社の雑誌SINRAが初めてだったと思います。SINRAは、1994年〜2000年まで発行されていた自然系、動植物系雑誌で、当時、かなり愛読していました。

実際にやんばるの春を訪れたのは2017年が最初で、2020年3月にもやんばるに訪れましたが、今年が一番いいタイミングで5日間の滞在中、日に日に森が黄色くなるのを目の当たりにしました。

黄色く見えるのは、やんばるの森を構成する主要な樹種、照葉樹林のスダジイ(イタジイ)が、花を咲かせ、新芽を出すので、普段より明るい黄緑色の葉や花が見えるからです。

沖縄には夏に行く人が多いと思いますが、春のこの時期は、夏と違って暑すぎず快適です。3月下旬に沖縄を訪れる機会がありましたら、北部のやんばるまで足をのばして、ぜひ森を眺めてみてください。

照葉樹林の森はほかでも見ることができ、宮崎県の綾に4月10日頃に訪れたことがありますが、その時はちょっとまだ早くて、濃い緑の森でした。

木の花の開花も、毎年ずれるのでタイミングを合わせるのは難しいですが、だからこそ当たると嬉しいですね。

余談ですが、2021年3月15日〜19日は奄美大島の照葉樹林がちょうど開花期にあたり、毎日森が同じように黄色くなっていきました。ただ、2021年の奄美大島は、雨が長いこと降らない乾いた年だったと後から聞いたので、例年とは違うのでしょう。去年、訪れた時は、タンカン(柑橘類)はそろそろ終わりの時期と言われましたが、タンカン農家さんで飲んだフレッシュジュースがあまりに美味しくて驚いたことを書いていて思い出しました。人生初というレベルでした。奄美大島にも春に行ったのなら、森を見て、タンカンをぜひ食べてくださいね。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。