スワロフスキー双眼鏡 自然観察に最適な大小2機種 ニューモデルと手のひらサイズ

双眼鏡 私の使用状況

以前に双眼鏡のことを書いたが、

スワロフスキー社の双眼鏡のラインナップが新しくなっていて、

私の使っているELモデルは、もう在庫限りと聞く。

NL PURE というフラッグシップモデルが登場している。

私は、ELの8倍と10倍の双眼鏡を、

鳥を見るために、そして、最近は、爬虫類、両生類を見るために使っている。

もう一つ、ポケットサイズの双眼鏡も持っていて、

植物観察の旅の際に、鳥のための双眼鏡は大きくて重かったので、それを利用していた。

しかし、最近では、常にELを使っていて、自分では利用しないが、

双眼鏡を普段使っていない方に、

双眼鏡を貸して、鳥を見てもらったりする時は、

軽くて、使いやすいので、それを使用。

小さい双眼鏡と言っても、

その見え方は明るくよく見え、

皆さん、抜群に見えることに感動する。

双眼鏡を使い慣れていない方には、

双眼鏡に鳥を入れる、合わせて見ることが慣れるまでやや難しいので、

それ自身が重いと、その重さでもつ腕が下がり、より鳥を入れにくくなるので、

初めての方には、私はポケットタイプの軽いものを使ってもらうことが多く、

今は自分では使わなくても、持っていて重宝している、小さい双眼鏡だ。

双眼鏡の機種 私の使いわけ

大きい双眼鏡と、小さい双眼鏡、

どちらがいいのか?

購入機種を決めるのは、悩ましい。

自分も、スワロフスキーの双眼鏡を3台も持つなんて、

以前は考えられなかったけど、

ポケットを最初に買い、

思い切ってEL8倍を退職前に買い、

使ったからこそ、

10倍にしたらもっと見えるのではないか?

あの環境なら、10倍の方が使い勝手がいいのでは?

とか、独立してから、いろいろ考える時間もできて、

買い足した。

初めてEL8倍を買った時には、

某ライ○社の双眼鏡より、ずっとよく見えるので、

なんでももっと早く試すだけでもしなかったのだろうと後悔したし、

手に入れてから、鳥を探すのが早くなった。

格段にパフォーマンスが上がったのだ。

いい道具を使ったほうが、より楽しめるこれは実体験だ。

そんなこんなで、今に至る。

そんなに何度も買うものでは無いからこそ、

どうせ買うなら、いいものを手に入れて欲しいと私は思う。

鳥を見るのに、生きものを見るのに、

見えると世界が変わる。

見えないとはじまらないのだ。

最近、条件がかなりクリアな方で、

初めて双眼鏡はもつけど、

今後行きたいところも明確に言われるので、

おすすめする機種を悩む案件があって、

自分で相当考えたが、自信を持った結論が出ないので、

長年、もうかれこれ10年以上はお世話になってる、

銀座双眼堂の塚本さんに急遽相談に行った。

そしてこれを書いている。

会いに行ってよかった、情報はアップデートしてから悩まないといけない。

そして、塚本さんと話していて何事もファーストコンタクトは、本当に重要と改めて感じ、

これから、生きもの、自然観察を初める人に、

たくさん出会うだろう私は、

一人一人に真摯に向き合いたいと思った。

自分に最適機種を選ぶのに悩む要素3つ

結論からいうと、

スワロフスキー社の中からいま、双眼鏡を選ぶなら、

第一段階として、

ライトに、鳥を見たり、生きもの観察したり、観劇にも使うのなら、

コンパクトだけどよく見え、鳥を見るにも役不足でなく、なんといっても軽さが命!で、

CL Pocket Elegant、

鳥をしっかり見たい、羽の色の違いを楽しみたい、非力では無いので多少の重さは問題ありません、というのなら、

NL PURE、

から選択すればいいでしょう。

値段は、3倍以上差があり、そこを言うのは長くなるので、割愛します。

第二段階として、

今後、どこに行って、双眼鏡を使う予定があるかも大事。

海外に行って、サファリや探鳥もしたいと思っているのなら、

視野の広い大きな双眼鏡の方がいいし、

見たいものの距離が、自分からありそうなものならば、例えば、海とかサファリで使うなら、10倍のがいい。

でも、見たいものが暗い場所にいることが多いのなら、8倍のがいい。

例えば爬虫類、両生類を見たりするなら、

暗いところにいる生きものだから、明るい8倍の方がいい。

中南米にいる、暗い林床が好きな鳥を追うならば、

8倍のが良さそう、とこれを書いていて思ったし、

夜間観察の場合もそうかもしれない?と思いついたので、実際に試してみよう。

第三段階として、

体力問題。

荷物が、重いと自然観察が辛くなることがある。

そもそも、野外での観察は疲れることが多い。

双眼鏡は、常に首から下げておかないと、

使えない。

買っても、しまっていたのでは意味がないのだ。

だから、自分がいつも首にかけていても、

大丈夫そうなくらいの重さのがいい。

しばらく使えば慣れるものだけど、

カバンに入ってるけど、重いから出すのが面倒!と、

初めて買って、ブラジルまで持ってきて、本当に一度も使わずにいた方を見て思った。

この人には、重すぎたんだなぁと。

ご自身で決めたと伺ったが、

持ってみて、機種を決めたのかどうかは定かではない。

適切なアドバイスができる人が近くにいたら、生きものとの出会いが変わったのかもと思うと残念だ。

だから、体の小さい方、力が強くない方ならば、

小さい方がおすすめといえる。

行く場所によっては、大きい方がいいというのももちろんあるのだが、

でも、使わないと全く意味がないので、

大きい方にするか、

小さい方にするかは、

お店に行って、持ってみて、実際に確認した方がいい。

持ってみた直感で決めていいと思う。

使っていれば、慣れてくるので、徐々に軽くは感じるようになる。

人間工学的にも軽く感じるように作られている。

大きい方の双眼鏡も、

新しいNL PURE は、だいぶ筒が細くなり、

女性でも握りやすくなったから、重さよりも軽い感じがする。

手の大きさも関係するから、触ってみないと確かなことは何もわからない。

銀座双眼堂でお試しを

今どき通販でも買えるし、

他のお店でも買えますが、

日本のスワロフスキー社の製品は、

すべて銀座双眼堂に入って、出ていきます。

一番情報量が多いところです。

オーストリーにある本社との繋がりも長いので、

数値だけではない、最新情報があります。

他社も含め悩み出すとキリがない、

双眼鏡購入ですが、

一番いいものを使うということで、

検討することにいつまでも悩まずに最大限に楽しみたい、

時間を生かしたいというのなら、

間違いのない選択となるでしょう。

今はお店に、スワロフスキー社以外の他社製品もあるので、

比較検討したい人にもいいかもしれませんが、

それよりも、

一番いいといわれる物を、まずは信頼して、試してみようという方は、

ぜひ足を運んでみてください。

そして、具体的に何をどんなところで見るから、どうしたらいいのか悩んでると質問したら、

適切なアドバイス頂けます。

最後に私なら

金銭的なことは、ちょっと脇に置いておいて言うならば、

双眼鏡を初めて手にするなら、小さい方を買って使いこんで、

もっとよく見たいとなってから、大きい方を買い足すということを基本おすすめしますが、

サファリで、12倍を使ったら世界がまた変わるだろうなぁと真剣に思ったりもするので、

最初から、大きいのを買うという選択肢も、大いにありだと思います。

結局は、どこに自分が一番重きを置くかで決めればいいとは思いますが、

そうは行っても悩ましいですよね。

面識のある方は、私の経験値も上がるので、ぜひお気軽にご相談ください。

一緒に悩みます。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。