アマミイシカワガエル オキナワイシカワガエル 2011年別種になる

写真のカエルは、アマミイシカワガエル。

オキナワイシカワガエルは、探しに行き、鳴き声は聞いているけど、まだ見るチャンスに恵まれていない。

それはどこにいるかというと、やんばるの森。

沖縄北部の国頭(くにがみ)村、大宜味(おおぎみ)村、東(ひがし)村のエリアに広がる、常緑広葉樹の森に生息している。

形態により分類されていた時代は、

奄美大島と沖縄島のイシカワガエルは同種とされていて、

私が子供の頃は、地名が名前につかない、どちらもただの「イシカワガエル」で、

日本で一番美しいカエルと図鑑に書いてありました。

皮膚がぼつぼつしていて、写真だけ見ていると、

果たして本当にそんなにきれいなのか?

と疑問に思っていましたが、

去年、初めて本物の

アマミイシカワガエルを野外で見て、

他のカエルにはない複雑な模様できれい、かわいい!

と思いました。

ただ、

長時間、よくよく観察していると、

若干気持ち悪さもあるような気がしてきたのは、内緒です。

そんなことを思いつつも、

アマミイシカワガエルに出会えた喜びは、

とても大きく、次はオキナワイシカワガエルを見たい!

と思ってからだいぶ日にちが過ぎました。

DNA分析によって、2011年に2種は別種となりましたが、

そもそも分布地域が違うので、悩む必要もないのですが、

形態的にも、模様の感じが違うと図鑑には書いてあるし、

もう見たことのあるベテランからも、そうだと何度も聞かされています。

1種しか写真がないので、文字で説明すると、

アマミイシカワガエル(写真のカエル)は、

背中の模様が鮮やかな金色で、

イボが金色の模様の上に乗っている。

オキナワイシカワガエルは、

模様やイボが大きめで、色味が地味め。

というわけで、2種を比べると、

アマミイシカワガエルの方が、

色が美しく鮮やかで、

繊細な感じと教わりました。

ですが、個体差もあるし、

いまだオキナワイシカワガエルは見れておらず、

本当にそうなのかどうかを、

ぜひこの目で確認したく、またやんばるに出かけてきます。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。