リュウキュウアカショウビン ヤモリを捕まえる 西表島 2022年7月1日 

5時半ごろ、まだ双眼鏡で見てもよく見えないくらいの明るさの中、リュウキュウアカショウビンの鳴き声で自分は目が覚める。

普段は早起きが苦手なのに、鳥の声にすごく反応して、キョロロロローキョロロロローという尻下がりの声が寝ていても聞こえてくる。

それで、あっという間に目が覚める。目覚ましをかける前に寝落ちしたのに、朝起きれた自分に今回驚いた。

アカショウビンは、西表島で見るチャンスは高いけども、しっかり落ち着いて見るのはそんなに簡単ではないと私は思っていて、

みたい方が満足するほど見れるまでは、ドキドキする。出会って欲しいと心から願っている。

最終日の朝、小雨降る中、宿を出発して探し始め、いったん行きはじめた方向を変えて再出発して出会えたアカショウビン。

しかも、わかりやすく目の前で道路を横切って、パイプの上に止まってくれた。

くちばしで何かくわえているものを叩いているのが見える。

体勢を変えて、さらに叩きつけ、最初は後ろ姿だったけども、向きを変え正面顔をスッキリと見せれくれた。

ヤモリをくわえている。私にはこの写真からヤモリの種までは識別できない。ホオグロヤモリなのかなぁとは思うけど。

ヤモリを上に放り投げて、くわえる位置を直し、ヤモリの頭がくちばしの先にくるように直した。

そして最終的に、きれいにくちばしの中にヤモリを収納してから飛びだっていったので、ヒナが待っているのだろうかと推測。

それとも求愛給餌に使うのか?

どちらにしても、そんなシーンを見せてくれて、ありがとう。

でも、ちょっとヤモリの気持ちにもなってしまった自分もいて、

すっかり鳥屋でなく、爬虫類・両生類屋になったのかもと思った朝でした。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。