南極に行こうとして気づいたこと1 海外渡航は思い切りが必須

南極渡航への旅が間近になって落ち着かなくなってきた。

2年半ぶり以上の海外で、しかも初の長期クルーズだし当然といえば当然だけど。

以前から、出発間近になるとあらゆる心配で、それが杞憂だとわかっているけども、落ち着かなくなって、

出発日の当日、駅前の交差点でいつも大丈夫、と言い聞かせてスイッチを入れることをしてたなぁと思い出す。

そして、今回の21日間のクルーズ、全行程29日間の旅は、私にとって初の長期の旅だし、初南極で、もともとすぐ緊張しがちな自分が緊張するのも当然。

アルゼンチンから船は出発するけども、まずそこに行けるかが心配。

アメリカ、アトランタ経由でデルタ航空を利用してアルゼンチン迄いくのは、さほど心配していない。(とは言っても、すでにスケジュール変更で、帰国日も今月に入ってから変わった。)

アルゼンチンのブエノスアイレス到着後、アルゼンチン航空で、ブエノスアイレスからトレリューに行けるかをまず心配している。

もちろん国内線は予約購入は完了しているが、その予約が本当に正しいのかが、甚だあやしいからだ。

アルゼンチンの国の状態が極めて不安定ですが、それと連動しているのか、飛行機がスケジュール通りなのか不安なのだ。

もう言ってみないとわからないのはわかっているけども、不安要素を潰そうとして、さらに不安要素を拾ってしまうという、状態です。

で、しばらく前に思い出した感覚が、出産に似てると。

一回しか出産経験はないのですが、医療関係者の親族から「五体満足に生まれてくることばかり考えていたら大間違いよ」と言われて、産むこと自体が怖くなり、

予定日1ヶ月前まで、自分の甘さを呪い、怖がっていました。で、1ヶ月前に「あ、あ、もうなんでも受け入れよう。なんでも、大丈夫。」と突然思えたんですよね。

きっかけは、忘れたのですが、そう降ってきた時の歩いていた道の風景は明確に残っています。

肝が据わっただけですが、その気持ちに今の感じとても似てるんですよねと、出産経験のある人生の先輩方に最近話したら笑われましたが、

船酔いが1番心配と、最初は思っていた南極の旅ですが、今はそんなこと全然考えていなくて、行くって決めて進んだら違う世界が見えてきて、今に至るという感じです。

結局、今回は、たまたまコロナ前に申し込んでいたクルーズが2年キャセルになって今年は運行してるから、今月末に出発するというだけで、

後から考えたらほかの旅と同じように、一つの旅なのかもしれません。

海外渡航自体、自分が行ってた場所は元々大変だったし(パリやニューヨークみたいな一般観光地でないという意味で)、

そんなに焦っても仕方ないよ、と自分に言い聞かせつつ、ある程度の思い切りがないと、今後は海外なんかに行けないなぁと、しみじみ感じてる次第です。

1ドル150円になりましたしね。

こんな気持ち、書いたことないので、書いてみました。

そして、思い切り、何にでも大事ですが、海外渡航には必須です。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。