イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

ヨガで瞑想が気持ちのいいことをしり本格的ワークショップに参加

ヨガで瞑想が気持ちのいいことをしり本格的ワークショップに参加

3年前の6月に腰を相当悪くしてから、日本にいる間の体力維持のためのテニスが出来なくなった。

夏になり、少し良くなり、何かして筋力をつけようと思った時、近所にヨガスクールLAVAができたので、通うことにした。

ヨガなら、さすがにできるだろうと思っていたが、結構辛かった。自分の思い通りに体が動かないし、そもそも固い体が思い通りに動かない。あぐらをかくのすらキツイ。

生まれてからイスの生活しかしていない。国内のツアーで、イスのない畳の部屋だと、落ち着ける場所がなかった。

ヨガに行き出して、ヨガもよかったが、時々1時間のレッスン後に、瞑想タイムが希望者であった。それで、瞑想を初めてした。なんだか不思議な感じだったが、頭がすっきりした。ヨガをすると、体と気持ちがすっきりするのはもちろんだが、瞑想すると頭も心もすっきりした。

なぜだかわからない。

瞑想を寝る前に自分でやろうと、スマホにダウンロードしてみたが、続かなかった。瞑想が気になったまま、時間が過ぎた。ヨガだけは、細々と続けていた。

会社を辞める前の月から週に3~4回行けるようになったら、体が、生まれて初めてなくらい柔らかくなってきた。
手が、前屈して床につく。股関節もだいぶ柔らかくなってきた。ある程度の、量を越すと、一気に変化がおとずれるのだろうか、最近、突然体が変わりだした。

プランクという、腕立て伏せに近いポーズがあるが、それが朝になるとしたくなる。プランクとダウンドックを交互にして、体幹を感じたくなる。これも生まれて初めての感覚だ。

そんなこんなで、今日を迎えた。

FBで知った、代官山のYOGAJAYAで開催された、エミール・ウェンデルさんの「早朝プラナヤマ/メディテーション」に参加した。これは今週5日間、朝の6時45分~8時15分のワークショップだ。

場違いかもしれないけれど、今なら行けるし、参加したい気持ちのほうが強かった。夜中に参加を決意した。

そして、本日とうとう本番、初参加。

副都心線の急行に乗り中目黒で乗り継ぎ、朝6時過ぎには、恵比寿の駅に降りた。

スマホをガン見しながら、ウロウロしていたら、優しい人が声をかけてくれて一緒に行った。

で、まだ、ほとんど来ていなかった。どこに座るか悩んだが、どうせわからないから、視覚情報も得たい!と思って、一番前にマットを敷いて座った。ドキドキしていたが、周りの人の真似をしながら、準備を整えていった。

1時間以上、あぐらをかくのは相当チャレンジだ。やったことがない。でも、何とかなりそうな気がしていた。結局、途中、数回崩せるときがあったので何とかなった。ぎりぎりだったけど。

そして、エミールさん登場。柔和な、あぁ本当に優しい人なんだなぁと、雰囲気、笑顔、全体で感じた。そして、いい匂いがした。

瞑想の手法なのか、プラナヤマというカテゴリーらしい。詳しいことはわからない。が、目の前にいるし、真似がしやすい。

瞑想に入る前段階の導入で、意識をもっていく場所の説明があり、呼吸をとおして、集中していく。

やり方は、エミールさんが英語で、そして通訳者の方が続いて。2回聞くから、時間があって、焦らない。

お腹、浮遊肋骨、さらに上、の三段階で呼吸をとめ、一気にはき切る。これを繰り返し、さらに、別の呼吸法に入っていった。いつもヨガレッスンでもやっている方法が一番人気の呼吸法と言っていたが、それのエミールさん手法のようだ。

呼吸に集中する。繰り返して、呼吸を続ける。続ける。

始まる前は、冷たかったからだが、終わった時にはすっかり温まっていた。

普段のヨガでも相当気持ちいいが、もっと気持ちいい。

いつもとは全然違う感覚だ。

そして、自宅に帰ってきて、頭が覚醒してると感じた。

特別なことしたせいかもしれないけど。

表面的なことしかわからないけど、呼吸に集中することで、あの普段いけない場所に行けた気がする。

それが瞑想なのかはわからないけど。

そして、息を吸い続けることは難しい、と言われたことが、引っかかっている。はかない限り吸えないと思い込んでいたが、エミールさんは目の前で、25カウント力強く吸っていた。私は6回以上は同じ強さで吸えなかった。息を吐かないと、これ以上吸えないと思った。それでどうしてるんだろうと思って、薄目を開けてみたが、力強く吸われていた。

鍛錬、練習、訓練のたまものなんだろうと思う。

私は、あまり人のオーラとかいままで感じたことないけれど、あたたかくて、気持ちのいい、居心地のよさみたいな空気感をエミールさんから感じた。すごい人に会ってしまったと思った。

終了後、外で話せる機会があったので、「お会いできてハッピーです。」とお伝えした。そうしたら、そのまま柔和な顔と声で同じことを自分に返してくれた。あ~すごいなぁと。

まだ一日目ですが、この瞑想ワークショップをおしえてもらって、行くことができて本当に幸せと思ったのでした。まだ4日間ありますが、今日の感想と興奮でした。

☆写真は昼間の強い日差しをよけるクロサイ。体のサイズと合っていない小さい灌木の下で、丸見えだけど、休んでいる。ちょっと、瞑想している雰囲気に似てるかもとチョイス。ナミビアのエトーシャ国立公園で撮影。