Wild Silk Museum ワイルド シルク ミュージアム のご紹介

野生のマユをマンションで育て、まゆから糸を自分でつむぎ、織物を作っている。

マユを育てる都合上、週に2日だけオープンのミュージアムだそうです。

最近母が訪れ、知りました。

マダガスカルをお訪れた時に、ヤママユの織物屋さんへ行き、その工程を昨年見てきましたので、それを日本でもやっている方がいるんだと、感心してしまいました。

織物に興味のある方、江東区の清澄白河駅が最寄り駅でミュージアムはあるので、ぜひ電話してから訪れてみてください。

そこで購入したというTシャツの絵が、また独特で私はまだ訪れていませんが、紹介したくなったので、お好きな方に届くといいなと思い先に書きました。

詳細はこちらです。

イモムシのアイコンも、可愛いですね。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、一緒に楽しむことをしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を2020年3月まで約10年続ける。
2020年世界は変わりましたが、2021年9月私は【生きものと人、自然と人のつなぎ人】として活動を継続することを決意。
娘と夫、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄1匹と暮らしています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。