熊猫惑星 パンダわくせい パンダの羊毛フェルト作品が可愛い!!

池袋に行って、たまたま見かけたお店。

マニアックな匂いを感じる。

そして、お店の方とひとしきり話し込む。

パンダが好きすぎてたまらない方、2人で作っているそうだ。

パンダ好きにはたまらないものがいっぱい。

どの子を連れて帰ろうかと思った。

手ぬぐいは最新作で、パンダの爪まで刷れるように出来る染め屋さんを苦労して探したそうだ。

上野動物園では、子パンダが生まれ、ただいまパンダブーム。

私は、トントンが生まれた時に大学生でよく見に行ってたし、上野動物園には2週間、実習でしばらくお世話になったことがある。

その時に、鳥舎の片隅にランラン、カンカンが運ばれてきた時の箱が置いてあった。

中国、四川省、四姑娘山麓の青いケシのツアーでは、帰りに成都のパンダの保護センターにより、見本としてパンダも抱っこしたこともある。

意外に重くて、グニャとしてて、抱っこが難しかった。

昔、流行ったキャラクター、たれぱんだも大好きでした。

多分、普通の人よりはパンダ好き。

手芸も大好きでした、もうしてないけど。

だから、手芸のものはそそられる。

素敵なパンダのガマ口もあった。これも最新作らしい。昨日できたと言われてた。

また近く池袋の東急ハンズにも来るらしい。

気になる方は、ブログをチェックしてくださいね。

時々、街中で、おんなじようなオタクな人に会えると嬉しい。

好きを突き詰めるっていいね。

パンダ耳かきを連れて帰りました。

手ぬぐいも、悩んだけど使うことがないので、やめました。

どなたか手ぬぐいのよい使い方知りませんか?

2枚に切ってハンカチにしか今のところ使っていません。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。