日の出と朝霧のタランギーレ国立公園

日の出と朝霧

タンザニアのサファリでは、バオバブとゾウが多いことで有名な公園。いままで最高2連泊しかしたことないけれども、この公園じつは、相当広い。

その広さなんと2600㎢。東京都が2200㎢弱だから、東京都より広い。そんな広さが国立公園の敷地なんだからスケールが違う。

この公園、タランギーレ川を中心に生き物たちが動く。川があるせいなのか、いや、でも毎回ではないので、たまたま条件があった時なのだろう、ここの公園ではときどき朝に霧がでる。

真っ暗な中からモーニングサファリにでるのはそれだけでも気分が高揚するが、霧に包まれた世界から、幻想的な太陽が上がってくると、それはそれはフォトジェニックな景色が生まれる。

光の洪水だ!

霧がかかってると動物は見えないというか、探しにくいこと極まりないが、まぁいいかという気にさせるくらい、きれいな朝のショウタイム。

しばらくすると、太陽は落ち着き、また違う姿を現す。

何度行っても、同じときのないアフリカ・タンザニア。

毎朝日は昇り、動物が動き出す。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。