10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

ライオンはどこにいるでしょう? タランギーレ国立公園のバオバブとライオン

ライオンはどこにいるでしょう? タランギーレ国立公園のバオバブとライオン

バオバブは、アフリカ大陸には一種しかありません。学名でいうと、アダンソニア・ディギタータという種類です。そして、写真の立派な樹木は、アフリカ、タンザニアのバオバブなので、その種類です。

でもよく知られた「星の王子様」に出てくる、バオバブと雰囲気違うなぁと思った方、なかなか鋭いです。

それは、樹木に葉が、青々とあるからです。星の王子様のバオバブには葉はなかったはず。

でも、この木は、葉があってもなくても、実がついていても、いなくても、いつみても格好がいい。

このみるからに絵になる木と共に、動物の写真を撮りたくなるというのが、撮影する人の心理のようで、誰もがバオバブとゾウ、バオバブとライオン、バオバブとダチョウとかで写真を撮りたいという希望を言われます。

で、この写真の中で、ライオンはどこにいるでしょうか?

パッと見、見えた方は鋭い。以外に目立つところにいます。

でも、草の色で保護色になっており、意外に目立たない。大きさの関係性は、こう見ないとわからないものです。意外に小さいライオンです。