アイスランド、ニューファンドランド島で見られるパフィンは、ニシツノメドリ

アイスランドのパフィン

海外の鳥で、日本人によく知られているものはそう多くありませんが、和名より英名のが通りがいい鳥の筆頭に、コスタリカのケツアールと並んで、パフィンがいます。

和名はニシツノメドリというのですが、鳥好きな方でなくても、わりとよく知られている鳥です。

私も、この鳥、可愛くて好きです。

アイスランド、カナダのニューファンドランド島、ラップランド(ノルウェー)で見たことがあります。

鳥との距離が近いのは、アイスランド。崖下を覗き込むようにして、ほんとに手の届く距離、すぐそばで見たこともあります。でもかなり怖かった。

写真のパフィンも比較的近くて、のびのびしているところを見せてくれました。

数が多いのは、東部カナダのニューファンドランド島。

大繁殖地で、空一面飛んでいるのがパフィンという場所。パフィン好きなら一度は訪れる価値があります。

数が多いので、間近に飛ぶところ、泳ぐもの、けんか、求愛、そしてオオセグロカモメにヤラレテしまったシーンなどを見たこともあります。数が多いと、いろんなシーンを見るチャンスがあります。

ラップランドは、春分の頃にしか行ってないので、まだニシツノメドリは、海上遠くに、顔の白くない時期で、あれが冬のパフィンかと確認。

そう、この鳥、写真やテレビなどで見かける時は、顔が白いですが、冬場は白っぽくなく、グレーなので、かなり地味にも見えます。白い時は、繁殖時だけなんですね。

そして、ニシツノメドリのほかに、ツノメドリという鳥もいて、どちらもパフィンとつくのですが、ヨーロッパにいる方はニシツノメドリ(Atlantic Puffin)、アラスカや太平洋側にいるのがツノメドリ(Horned Puffin)
です。

嘴の部分が黒いところが有るか無いか、が大きな違いですが、まぁ、普通にみたら同じように見えると思います。ちなみに黒いところが有るのがニシツノメドリ。

☆今日は一日暑かったので、涼しくなる写真のセレクト。アイスランドのニシツノメドリでした。オレンジの嘴の根元が蛇腹になってて、たくさん魚が挟めるようになっています。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。