東カナダ ニューファンドランド島のアツモリソウの仲間 3種

先日、アツモリソウを見る機会をいただき、

ニューファンドランド島のアツモリソウの事を質問されましたが、

明確に答えられなくて、

帰ってから、写真を見返しました。

ニューファンドランド島へは2回しか訪れたことはなく、

そして2回合わせて、3種のアツモリソウを観察しています。

赤いアツモリソウ、

黄色いアツモリソウ、

そしてピンクと白のアツモリソウです。



赤いアツモリソウがニューファンドランド島の中では分布域が広く

個体数も多いです。

黄色いアツモリソウは、

かろうじて残っていた株、でもわりと大きくてびっくりなものを

を一度だけ観察したので、多く語れません。

ピンクと白のアツモリソウは、2回目に訪問した年に、

蕾がたくさんあるなか咲き誇っている

本当にタイミングドンピシャの美しい時に、多数の個体に出会えました。

世界のアツモリソウの中で、最も美しい種と言われているそうですが、

私は、ウラジオストック、ニューファンドランド島、日本の3箇所でしか

アツモリソウの仲間は見たことがありませんし、

世界のアツモリソウを図鑑ですべて見たことがないので、

何とも言えません。

でも、ピンクと白のアツモリソウは、

雨が降りしきるなか、観察しましたが、

白とピンクの色合いがたいへん美しく、

草丈が70~80㎝くらいあるので、

清楚な感じがしつつも、大ぶりで、ゴージャスな花だと感じました。

森の中、湿地帯に自生していて、木道(ボードウォーク)の上から観察した場所と、

森の中に点々と咲いている場所とありました。

その日、相当雨が降っていて、足元が既にびちょびちょでしたので、

森の中に咲いていた場所が、もともと湿地に近いような場所だったかどうかわかりませんが、

ずぶずぶぬかるんでいる場所ではなかったのは確かなので、

多少の幅はあるのではないかと推測。

赤いアツモリソウは、もっと乾いたところにありました。

黄色のアツモリソウは、マントル由来の地質がすぐそばのところにありましたが、

本来の時期に開花しているものではないそうで、

一度見たそれの場所は、もっともガレた小石が沢山あるような場所に咲いていました。

アツモリソウ3種、それぞれ咲いている環境が全く異なっていました。

現場では、特に初めて見る美しい植物だと、

花ばかりに目がいきがちですが、

全体の写真があとから欲しくなります。

なるべく両方撮るようにしていますが、時間の制限や、

ツアー中は他の事も色々起こるので、

しっかり全部の植物でそれをすることは自分には難しいです。



アツモリソウの名前ですが、

ピンクと白のが学名が、Cypripedium reginae、英名がShowy Lady’s-slipper。

赤の学名が、Cypripedium acaule、英名がPink lady’s slipper。

黄色の学名が、Cypripedium parviflorum var.pubescens 、英名がYellow lady’s slipper。

撮影直後に、図鑑で確認しましたが、3年以上は経っていますので、

名前に変更等があるかもしれません。

赤のアツモリソウは、数が多く、トレッキングの道沿いにも多数ありました。

島の各地でみかけ、だいぶ感じが違うのもありましたので、写真いろいろ載せておきます。

お好きな方の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。