12月22日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。あなたの旅の疑問にもお答えします。

内容
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)からいくつか旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

  • 開催日時:12月22日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

国内の稀少な植物を求める旅を作っていた私に自然に身についた事

国内の稀少な植物を求める旅を作っていた私に自然に身についた事

国内の稀少な花や植物を求めるツアーを企画し、手配することをしていた時期が7年位ありました。

どこに咲いているのかの植物の情報は、その道の詳しい人から伺うのですが、そこだけ行くのでは旅の形態をなしていないので、旅の形にするのがまず始めの第一歩でした。

そして、実際にそこに行って参加者が観察地まで行けるのかを確認するのも、大事な仕事でした。

3日間から長いと5日間、二連続ツアーで最長7日間というツアーを作ったこともあります。

時間的そして体力的に無理なく、魅力ある観察地を1日一回は入れて、など考えて作ります。

今よりインターネットで宿が調べにくい時代でした。宿のホームページはあっても、それだけでは情報を得にくかったのです。

でも電話をかけた時の対応でそのうちわかるようになりました。

ホームページの出来がよいと、選択を誤ったりしましたし、そもそも宿泊先に選択の余地がない場所も多くありました。

観察地に近いというのが、条件の1つでもあります。

日本でも意外に辺鄙なところはたくさんあります。

海外の辺鄙な場所に慣れていてよかったと、この仕事をしはじめて思いました。

地方ルールあり、その宿独自のルール、説明してもその通りにならない事、全然いうこと聞いてくれないバスのドライバー、引受先がない弁当手配など、日本語で日本人と話しているのに本当にいろいろな信じられないことがありました。

でも、参加者が見たいと思っていた花や植物に出会えた時の、あの本当に嬉しそうな顔は最高のご褒美で、いつしか自然にどう組み立てたら、体力的に楽か、誰でも行けるかを、息を吸って吐くように、自然に考えられるようになっていました。

誰かの見たい!行きたい!したい!に反応しちゃう自分がいました。

それに、明確に気づいたのは、なんとシレトコスミレを見に行ったからです。

長くなるので、続きは続編で。