イベント開催のご案内 10月25日(水)

サファリに行きたい方、お金・時間・持ち物、などなどを、10年連続でツアーを企画、同行した経験から裏舞台も含めて、あなたの疑問にお答えするイベント。

今回は、今年行ってきたペルーと秋のアラスカの旅のお話も写真と共にお伝えします。

  • 開催日時: 10月25日(水)18:30~20:30(18時15分開場)
  • 定員8名
  • 参加費1,000円

詳細・参加お申し込みはこちら

レンゲショウマ 夏の花 この花の写真がうまく撮りたい

レンゲショウマ 夏の花 この花の写真がうまく撮りたい

いまごろ、8月に咲く、美しい夏の花。

森の下、林床に咲く花で、そのつぼみは、まるく、非常に愛らしい。

私は、花よりもこのまるい蕾が好きだ。

植物の写真を撮り始めたころ、とりつかれたように丸い蕾が好きだった。

好きなもの、魅かれるものに理由はない。

好きすぎて、日の丸構図の写真を何枚も撮った。そして、それではうまくいかないことを学んだ。

どうしたら、花と共につぼみが可愛く撮れるのか全くわからなかったが、とにかく、まるいつぼみを花と共に可愛く撮りたかった。

つぼみの色も、ピンクがかったものから、薄緑色のものまで、いろいろある。

植物写真は、いい株、美人な株、自分のすきな株を見つけることが、まず最初の仕事だ。

花が咲いていた方が、よりいい雰囲気なので、花がきれいで、つぼみがたくさんついている花を探して撮影していたが、レンゲショウマが難易度高いということ、撮影技術がいることを当時は知らなかった。

この写真はコンパクトデジカメ、たぶんソニーのサイバーショットで撮影していたはずだから、今のフォーサーズで撮ったら、少しは撮りやすいだろうし、きれいに撮れるだろう。

いや、もしかしたら、iPhon7+のがいいのかもしれない。

先日、重い思いをし、相当頑張って、フォーサーズの一眼を持って山に登ったが、頂上直下で撮影した花で一番よく撮れていたのは、フォーサーズではなく、IPhone7+でした。

なので、一眼だからと言ってうまく撮れるわけではないことを最近知った。

5年ぶりぐらいにこの可愛い子に会いたい。そして、撮影したい。

そんなことを考えながら眠ります。