オオマシコ  Pallas’s Rosefinch  2019.1.26 観察 日本・埼玉県

オオマシコ雄

オオマシコ

Pallas’s Rosefinch

Carpodacus roseus

初めて見た鳥。

海外のバードガイドとの打合せも兼ねて出かけた先で探鳥。

埼玉県、山間部の公園。

帰りには雪がちらつくほど気温は下がっていて、

1時間位で十分観察できましたが、寒かった。

寒いと思って、久々の完全防備で行ったつもりだったけど、

まだまだ甘くて、久しぶりに寒いところ行くときは、気を付けようと思った。

ひどい目に遭った経験を忘れて、

また同じような失敗をする。

オオマシコのほかに、イカル、アトリ、シジュウカラなどを観察。

オオマシコ、

くちばしの下、白の点々しているところが、とてもかわいい。

真っ赤なのは雄。

全身、赤くないのは、雌。

体の大きなアトリに追いやられても、

戻ってきたので、気は強そう。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。