アラスカのお土産 ステッカーとポストカード&フリーペーパー

アラスカのステッカーとポストカード

アラスカのお土産でイチオシは、ステッカーです。

軽いし、ほんとうに色々あって、お店で見ているだけでも飽きません。

各地で立ち寄るビジターセンターにもたくさん種類があるし、アンカレッジのお土産屋さんに行けば多種多数売っています。

今回はタルキートナというデナリ山(去年までマッキンリー山と呼ばれていましたが)に登る人たちのベースキャンプになる村で自由散策の時間(=お土産物屋さんをぶらぶら)があったので、特にいろいろ見ることができました。

それで、例年よりも複数ステッカー、買ってしまいました。

写真の一番右のは、フェアバンクスのビジターセンターにあったツアー宣伝用のカードなんですが、きれいなのでもらってきました。

デザインがいいんですよね。

生き物好きには、たまらないアラスカ。

素敵だなぁと手に取るようなデザインのものって、私の行く国のなかではそうそう出会えません。

そんな意味でも、アメリカって先進国だなぁと。

今回のアラスカでは、5回目にして、角の大きなムースの雄にもあえたし、アメリカグマ(グリズリーでなく黒くて小さい方のクマ)にもあえました。

それで、ムースステッカーもゲット。

アライグマがバンザイしているのは、カードなんですけどね、こういうがさばらなくて、気に入ったデザインのものを旅先で買うのが好きです。

ノートパソコンに貼ったり、自宅の机の前の壁にそのまま貼ったりしています。

今回、フリーペーパーも秀逸だなぁと思って持ち帰りました。

表紙がオナガフクロウのデフォルメというのもあったのですが、中の紙面を見て、また驚き。

アラスカの6部門をきれいに、うまく紹介しているなぁと。

アピールが上手だと思いました。

こういうものをフリーペーパーで無料で配布しているというのが、またすごいなぁと思わざるをえません。

これで、またアラスカに来たいと思わせるのでしょう。

アラスカは、何度も訪れる方が多いのですが、それがわかるような気がしました。

この記事を書いた人

橋場みき子

ワイルドライフの動植物を世界に見にいく旅を作り、ガイドする仕事をしてもうすぐ25年。1年に地球5周を移動する生活を約10年。
2020年世界は変わりましたが、私は、秘境の道先案内人&自然旅行撮影家として、活動を継続することを決意。
17歳の娘と2歳のヒョウモントカゲモドキ(レオパ)雄の母でもあり、夫と3人+1匹の家族構成で日本で暮らしてます。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。