酒好きな方は覚えておいた方がいい言葉 ドライシティ Dry City

アルコールが全く無い町をドライシティといいます。

アラスカの北極海に面した町プルードベイ(Prudhoe Bay)、別名デッドホースの町がそうです。ここは、アラスカの地下にあるオイルをくみ上げるための町で、町全体が工業地帯という、とても不思議な町です。

昨年、極北に行かないと出会えない鳥メガネケワタガモや、極北の動物などの哺乳類を観察に、そして、タイガやツンドラという特殊な環境を訪れるためにツアーを作成して行ってきました。

そこで、私が初めて知った言葉です。簡単にいうと、アルコールが飲めない、売っていないという場所です。

この町、そもそも旅行者のためにできておらず、石油関係の働く人のための町です。ホテルも働く人が泊まるための部屋を、空いていれば貸してもらえるという具合なので、ベットが一つのシングル部屋しかありません。とてもシンプルな作りの最低限のものしかない部屋なのに、大きなロッキングチェアに、大きなテレビが頭上にあるという、ある意味特殊な作りの部屋です。

仕事が終わった後の娯楽はテレビなのでしょう。受付の人に話を聞くと、1980年代に酔っぱらってのトラブルが絶えなくて、この町の主な石油会社4社で、お酒を無くそうということに決めたそうです。

問題になったのは、ドライシティという事が、到着して、夕食を食べる段になって初めてわかったということです。飲めないと眠れない、飲むのが楽しみという方も多いので、お酒がないというのは結構まずいことです。

大抵、無いと言ってもどこかで買えるはず、裏道はあるよね?と思って確認したのですが、「一番近い町200キロ戻ったコールドフッドの町でなら買えるよ。」と言われ、ご参加者の皆さまにはお詫びして諦めていただきました。

現地ガイドがお酒を飲まない人だったので、事前に気づけないことでした。

自然観察の旅では、時々こういうことがあります。「ここは大学の施設だからアルコール類は無い。」とか、「この宿はお酒は無い。」とか。

一般観光地なら、ないようなことが時々起こるのが、特殊エリアを訪れる自然観察の旅です。事前にわかっている時は、スーパーまたはお酒の買える酒屋に必ず立ち寄ります。

お酒が無いと困る方は、必ず、日本から何かしらお酒を持ち込むといいかもしれません。もしくは、その国に到着後すぐに入手することをおすすめします。

自分は、寝る前に飲むための、新潟のお酒、ふなぐち「菊水」一番しぼり200ml(缶入り)をいつも持参していきます。心の安定剤です。

イベント情報

イベント情報

2ヶ月に1回程度のペースで、自主開催のイベントを開いています。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影したたくさんの写真と共にお話しします。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。