アフリカハサミアジサシのお腹にヒナ 超かわいい! そして船頭さんに感謝!

アフリカハサミアジサシ

ボツワナのオカバンゴ川沿い、パンハンドル(フライパンの柄のように細長いエリア)で今年はハサミアジサシを多数観察しました。

2年前にはいなかったはず。

今年は水位がかなり下がり、例年より砂洲がたくさんできて、ここでも繁殖できるから多数きているのではないかと推測。

そして、前回来た時の船頭さん(兼、ローカルガイド)より、はるかに船の操縦がうまくて、観察も撮影もしやすい。

生き物を見る時の乗り物の運転技術は、見れるか見れないかを大きく左右する。

ちょっとした、タイミングや気遣いが大きく満足度を変える。

こちらが何も言わなくても、全てを理解して察して動いてくれる人だった。

下手な時は、指示を出すこともあるが、伝えてもできないことのが多い。

生き物観察・撮影は瞬間的なことも多いので、その一瞬が見えなかったら楽しめない。

みな違う位置に座っていて、船に乗っている場合は川の流れがあるので、車の様に止められず、その調整が各段に難しい。

船に乗っている全員が対象物が見えているかどうかを見渡して、エンジンを入れたり切ったりを繰り返し、船の操縦をするというのは、かなりの技術を要する。

素晴らしい技術の持ち主だった。

お陰で、いいものを撮影した。

アジサシのお腹の下にヒナがいた。

こっちを見てる。

撮れたことは現場確認して船上で気づいたけど、撮影している最中は気づいていない。

そこまでよく見えてなかった。

かわいい。

船の上は、動くので、ピントがあいにくい。

カメラのお陰、レンズのお陰で撮らせてもらっている。

そして、現地ローカルガイドのお陰でこの一瞬を切り取れた。

みんなに感謝。

昔、SHINRAという大好きな雑誌があって、『今月の超かわいい!』という好きなコーナーがあった。何度も見ていた。

1回ツアーに行くと、かなりの枚数を撮影するが、『私の今回の超かわいい!』は、これだ。

この記事を書いた人

Avatar photo

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。