10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

気ままに写真集 ボルネオ島2019年3月編

気ままに写真集 ボルネオ島2019年3月編

先月、同行していたボルネオ島で撮影した写真を一気にお見せします。

いろいろ書きたいことはあるのですが、

明日からまた次の旅に出るので、

その前に、気に入った写真だけでもアップ!

「ジャックとマメの樹」の大きなマメのさや、モダマの仲間

夜に参加者が見つけたハゴロモの仲間。ブルーの羽がきれい。
機上から撮影のキナバル山
レストランで踊っていたメンバー 長い羽は、セイランという鳥の羽 それが近くで見たくて写真撮りに近寄った(笑)
イチジクの実がもう少し熟れていると、サルや鳥が食べに来るけど、まだ青かった
キエリゴシキドリ 近くで営巣していました。
キナバル山麓で見た、スンダワキスジリス 鳥が出て、朝食のリンゴを置いたすきにリスのご馳走になるハプニング。
アイイロヒタキ 青い鳥

トマスクロムササビ 尾の先も茶色いのが識別ポイント
この後、日本に飛んでくるかもしれないヨタカ。
オオアカムササビ この子は、尾の先が黒い
ハクビシン この子は尾の先が白い
夜間観察で見つけたカエル
川沿いで水飲む時に、ワニに襲われる。だから目つきが険しい。
オオバンケン ボルネオ島のバンケンはキリっとしてる
クロサイチョウ雄 サバタイプと言われる、白い部分のあるタイプ
カニクイザル 体が柔らかい
テングザルの子ども 可愛い!
雄のテングザル 咆えてて、顔がこわかった。サルの陰部は特徴的。
モダマの種が一部取れて、なんだか素敵
ブタオザル カニクイザルと違って頭が良くて、ヤシの実を落としたりと仕事を覚えられそう 顔も人っぽい

朝もやのキナバタンガン川
釣り巣も素敵だし、くちばしが水色で目立つクロアカヒロハシ
珍しくそれなりに撮れた、飛んでいるカササギサイチョウ 飛んでる鳥の撮影は苦手です
チンアナゴみたいなアジアヘビウ 不思議な泳ぎ方してました

コケアナツバメ この巣は食べないけど、別のアナツバメの巣が、高級食材のツバメの巣になる。 ジャワアナツバメが白くて、一番高級。二番目は、オオアナツバメ。 月並みですが、最初に食べた人すごい。

キナバタンガン川沿いにゾウが出てきた。 とてもラッキー!

 

カササギサイチョウが群れでいました

くちばしの上のカスクが特徴的なサイチョウの一種、ズグロサイチョウの雄。

 

クロサイチョウのペアが求愛してました。

ズグロサイチョウのペア 上の地味なのがメス

 

大好きなクビワヒロハシ もっと見たかったなぁ
サイチョウ! 何度みても美しい
テングザル 手が大きい

夜寝ていたコウハシショウビン
オランウータンの子ども やっとで会えました

水飲むミズオオトカゲ 凛々しい

3メートルを超えるイリエワニ かなりの迫力

ボケボケの写真ですが、ジャワオオコウモリ 耳が大きいのがよくわかったので大事な一枚

正午ごろに、遠くからわざわざ飛んできてくれた、サイチョウのペア 感動ものでした!
張り付いていたヒヨケザル サルの仲間ではありません。 コウモリみたいな張り付き具合にみえました。