ブログ写真集 動きのあるライオン観察 ナミビア エトーシャ国立公園    

ライオンは百獣の王だし、ほとんどの人が凛々しいカッコいいイメージを持ってタンザニアにやって来る。

そして、寝そべって、足を上げて、全く動かないようなライオンを見てしまうと、えっ??ということになる。

でも、基本寝ている時を見かける事が一番多い。

雄と雌の両方がいたらラッキーな方だ。

雌と子供のグループるを見かける方が、圧倒的に多い。

雌と子供だけという場合なら、雄は少し離れたところに隠れていたりで、見えてなくても近くにいる可能性は高い。

今年の1月にかなり大きなグループが、シマウマのハンティングに成功して食べているのを見かけたが、そんなハンティング直後の食事最中のライオンに遭ったのは、10年以上行ってて初めてだった。

今回も、あられもない姿で寝ているライオンたち。

でも、しばらくしたらメスが、何故か動きはじめ、こちらに移動してきた。

そして、雄もそれにつられ頭をあげ、面倒そうに見ているが、その後動き出した。

ハンティングするほど、頭は覚醒してなさそうと見えたけど、動き出したから期待が持てる。

サファリは、その時どんなシーンが見られるかは全くわからない。

でも、動き出したなら、ちょっと待ちだ。

可能性があるかもしれない。







雌は、大きいのをしたかっただけの様だった。

便を終わらせ、その後また寝そべってしまった。

それでも、糞をするのに気ばるライオンを初めて見た。

腰の微妙な下げ具合や、力の入り具合が見て取れて、幼児がやっているかの様にも見えた。

もちろん、糞をするところを見たのは初めて、だと思う。

最近、一度見たのに覚えてないこともたくさんあるので、自信はないけど。

いろんな生態が見たい。

若い雄のたてがみが、生えそろっていなくて愛らしいと思った。

哺乳類はチャンスが少ないけど、目の前で起こっていること、見えることは、しっかりと気づいて見ていきたい。

この記事を書いた人

橋場みき子

生きものと世界の大自然、旅や愛爬ヒョウモントカゲモドキ、ときどき娘のことなど書いています。動植物大好き、自然の旅案内人として、知人・友人に案内しています。2020年3月まで世界の動植物に会いに行く旅を手配・案内する生活をつづけて20年以上、1年に地球5周を移動するような生活でしたが激変。2021年9月私は生きものとのつなぎ人と自覚し復活。鎮まりながら多動し、今日も生きています。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomを使ってイベント開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

国内で観察撮影した写真を見ていただき、その時の様子をお伝えしています。

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

生きものや自然、旅の話でおしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。