神楽坂 紀の善の粟ぜんざい こし餡と粟の炊いたのが美味しい 

神楽坂 紀の善の粟ぜんざい こし餡と粟の炊いたのが美味しい 

あんこ苦手、羊羹は食べない自分です。

和菓子が一部、美味しく食べられるようになったのは、40歳前後です。

母が、あんこ好き、煮豆好きでよく煮ていました。

それが、原因で嫌いになったような気がしますが、

幼少期に口の周りにべったりあんこをつけた写真が残っているので、

記憶があるような時期から嫌いになったのでしょう。

甘いもの食べますが、ちょっと苦手です。

でも、ここ「紀の善」さんのこし餡は好きで、10代の頃から、時々食べに来ていました。

途中、だいぶ前ですが、お店も新しくなり、抹茶ババロアが新商品で出てきたときは、おおっ!と思いました。

おもえば、長いこと通っているお店でした。

しばらく足が遠のいていましたが、最近2ヵ月に一度、自分のイベントをするのが神楽坂のため、

よくこのお店の前を通ります。

今年の夏に「氷宇治金時」を食べてブログに書いたら、懐かしがる方がたくさんいらっしゃいました。

つい先日のイベントの日も、時間調整のため、そしてイベントを乗り切るため寄りました。

冬は「粟(あわ)ぜんざい」がおすすめです。

あんこは、かなり自分には甘いので、こし餡が半分ぐらいでもいいのですが、粟の炊いたのが美味しくて食べたくなります。

粟の炊いたのだけもっと食べてみたい。

というわけで、紀の善さんの「粟ぜんざい」おすすめです。

最寄駅はJR飯田橋駅か、有楽町線等の飯田橋駅です。

けっこういいお値段すると思うのですが、ほかの甘味屋さんに全く入らないので、よくわかりません。

あ~新橋の文銭堂さんに行きたいなぁ。

私が和菓子が美味しく食べられようになったのは、新橋の文銭堂さんに出会ったからです。

その話はまた今度。