タンザニア北部のサファリ アルーシャ国立公園とモメラロッジ

タンザニア北部のサファリ アルーシャ国立公園とモメラロッジ

草食動物天国がアルーシャ国立公園にふさわしい。

キリンに多数出会える。

リラックスして座っていることもあり、近距離で出会える。

キリンと数メートルの距離で出会えるのは、ここくらいだ。その大きさに感動する。

稜線にキリンの首が出てくるのも、かっこいい。

ほかにも、ウォーターバック、ブッシュバック、バッファロー、グラントシマウマ、イボイノシシ、シママングース、サバンナヒヒ、ブルーモンキーなど今回は観察した。

ここの公園を代表するのは、シロクロコロブス。

看板にコロブスのオブジェがついている。

オナガザルの仲間で、ここの森に生息。

他の場所では見るチャンスは無いので、ここで探そう。

今回は、出会えなくて残念だったが。

森の中移動しながら、採食している野生動物を追うのは難しい。

道が決まっているので、みつける技術はもちろんだが、運が多くをしめる。

鳥も多数。

ホロホロチョウの群れも、日に照らされ、ゆっくり観察できれば美しい。

ほかに、カタジロオナガモス、シロクロゲリ、ハダダトキ、エジプトガン、カミナガシャコ、シロビタイハチクイ、アフリカヤツガシラ、ヨゲンノスリ、ホオジロカンムリヅル、ネッタイハジロ、アカハシコガモ、キムネツメナガタヒバリ、コフラミンゴ、マミジロバンケン、チャガシラショウビンなど。

鳥やさんでないと、呪文にしか聞こえないかもしれないが、参考までに見た鳥をざっと書く。

種類のわからない、ヒバリやセッカの仲間もたくさん見た。

初めてアフリカに来るなら、探さなくても鳥が出でくるし、いわゆる普通種も何度も出てきて見やすく、距離が近いので、楽しいだろう。

キリマンジャロ空港にもっとも近い公園。

タンザニア北部のサファリ入門編に最適。

定宿のモメラロッジの良いところ。

素朴。

お客さんが少ないので、10年以上この宿に泊まっているが、スレていない感じがいい。

こなれていないとも言えるが。

公園そばに泊まらず、アルーシャの町に宿泊してる人が多いのだろうが、泊まらないと楽しめないことがある。

6時頃の夜明けと共に、朝焼けのキリマンジャロ山がみえる。

ロッジの背後に美しいメルー山もそびえる。

およそ、天気の関係で、午前中か、早ければ8時前にはキリマンジャロ山は雲の中に隠れてしまう。

朝が大事なのだ。

そして、夜は星がみやすい。

木星の下に、さそり座が出て、南十字星もみえる。

朝5時まではライトがつかないので、星見に最高で、テンション上がったとある、参加者。

ロッジは、ムーミン谷みたいなイメージの建物。

食べ物も素朴だが、美味しい、口にあうと好評。

タンザニアサファリツアーは、こんな場所からスタートします。