10月27日(日) イベント開催! 自然の旅 お茶会

内容:
・今年2019年に訪れた秘境(タンザニア、マレーシア・ボルネオ島、パナマ、エクアドル・アマゾンとアンデス、カナダ東部ニューファンドランド島、モンゴル南ゴビ砂漠、南アフリカキンバリー)の旅の話を、動植物の写真と共にお伝えします。

・海外旅行先でのトラブル、こんな時どうする? 2020年はここに注意!

動植物の世界秘境の旅に関わり23年のブログ筆者のリアルトークイベント。

あなたの旅の疑問にもお答えします。

  • 開催日時:10月27日(日)14:30~17:00(14時10分開場)
  • 定員8名
  • 参加費2,500円

詳細・参加お申し込みはこちら

シママングース Banded Mongoose

シママングース Banded Mongoose

撮影国:タンザニア

撮影地:セレンゲティ国立公園

撮影時:2018年1月29日

メモ:もっとも見やすいマングースで、群れで動くのをよく見かける。

シロアリの古巣を巣に使っていることが多い。

車道に近い場所にあったシロアリの巣から顔をだしていた。

横顔を見る機会が多く、細長い顔のイメージだったが、

正面顔がタヌキみたいで可愛いと今回初めて思う。

子供がちょろんと出てきて、それも可愛かった。

顔が大人に比べまるい。

段々伸びていくのかと思う。

タンザニアでマングースを何度も見ているうちに、マングースのイメージが変わった。

マングースといえば、「ハブと戦うマングース」のイメージしかなかった。

イメージって怖い。ただの思い込みなのに、正しい判断を妨げる。