<旅のトラブル対応>予定していた飛行機が欠航! その時、どうするか?

本日、乗る直前に搭乗ゲートで、飛行機の欠航が決まって、

かつ、日曜日の午後3時という混雑するタイミングで、

当日振替が不可と言われました。

飛行機に乗る機会が多いので、

トラブルは仕方ないですが、

本当に、フライトの欠航に当たったのは、

アメリカのダラス空港が46年ぶりのひどい積雪のため、滑走路が全面凍結した時、

アルゼンチンのブエノスアイレスの空港で、地上係員による国内線のストによる欠航の次で、3回目。

それほど、多いことではないかもしれませんが、

当たった時、その時どうするか。

次回のためにも、整理してみました。

欠航が決定とアナウンスされ、私のとった行動

1. 急いで搭乗カウンターの列に並ぶ

2. 対応人数が増えるから、ぼーっとしないで様子を伺い、必要があれば列を移動する

 その際、わかってそうな人(簡単に言えば、年配の人)の列に並ぶ!

 すばやい対応を望むため。

 わからないと何度も聞きに行かれるはめになる。

3. 振替の条件について、アナウンスがあるから、よく聞く

<アナウンスの内容>

・利用予定の到着機のオイル漏れがわかり、整備不良のため、搭乗予定便の欠航が決定。

・今日の福岡ー羽田便は全便満席で振替不能

・地上交通と宿泊代として、上限15,000円まで(領収書があれば)持ちます。

・今日中に帰りたい人は、新幹線をご利用下さい。その場合は立替えてください。

列に並んでいる間に考えた事

・自分がどうしたいか、可能性を考えながら、方向性を決める

・質問をまとめる

やっと自分の番になる。

<私の質問と回答>

Q1. マイレージで予約したチケットだが他社への振替可能か?

A1. 他社への振替可能、ただしご予約はご自身で、かつ立替えてください。

Q2. その後、どういう手続きが必要か?

A2. 飛行機の予約が取れたら、一階カウンターに言って伝えてください。
(他社便の振替が出来ない場合)JAL便への振替希望は、同じく一階カウンターで改めてして下さい。

他社への振替の場合、2週間以内に搭乗ゲートで受け取った用紙「交通費/宿泊費請求のご案内」と領収書と共に請求してください。

Q3. 新幹線にする場合はどうしたらいいのか?

A3. ご自身で立替え、後日請求して下さい。

というわけで、

自分で決めて動く必要があり、

他の空港(北九州空港から羽田空港への残席がこの時点であり)に動くなら、

時間も無く、

他社便の残席もいつまであるかわからず、

日曜日の午後で、通常業務で人手が足りてなさそうなカウンターに

今後、メンバー増員が見込まれることはなく

欠航対応カウンターは長蛇の列。

20人以上の列は、

並ぶしかないとはいえ、気が遠くなる。

カウンターの担当者が大変なのもわかる。

一人一人の対応は全く違う、

荷物を預けた人は返してもらう作業もある。

でも、私は、今日中に帰りたかったので、

帰るためには、すべての作業を最短で終わらせる必要があり、

トラブルは、時間との戦いに。

明日ゆっくり帰るというなら、別にいいのだけど。

まとめ

重要なのは、

自分が望んでいることを、航空会社は受け入れてくれるか?

どこまで、何を負担してくれるのか?

一回にまとめて確認することが大事。

なぜなら、

質問できるタイミングが、

長蛇の列に並んだあとの、自分の順番の時のみだからです。

それを確認し、あとは行動するだけです。

で、どうしたかは、長くなるので、別に書きます。

とりあえず、同日に別の空港に移動し、無事帰ってこれました。

こういうトラブル時の対応は、ケースバイケースなことも多いので、

あくまでも、

2018年3月4日、日本航空JL318便、欠航時の対応について記載しました。

不運にも欠航に当たってしまった時、

リカバリーするヒントに少しでもなれば幸いです。

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。