アホウドリを見るために橘丸乗船! 三宅島・御蔵島・八丈島の航路 

打合せがしたくて、そしてアホウドリも見れるので、

船旅をしてきた。

東京竹芝からでる、東京~三宅島・御蔵島・八丈島航路。

最初みたときびっくりした、黄色い船の橘丸。

まだ就航して4年経っていない、きれいな船でした。

東京竹芝を夜の22:30に出向し、翌朝5:00に三宅島到着。

すぐにまた出発し、御蔵島を経由し、八丈島に8:50到着。

というのが予定だったが、波が高くて御蔵島には着眼せず、

直接、八丈島へ。

折り返し、船は50分くらい停泊して三宅島に向けて出発。

御蔵島は復路も着岸できず、三宅島に直行した。

鳥を見るために船に乗り続けるという、

ややクレイジーなスケジュール。

いや、目的が海鳥を見るためだから、必然。

海鳥は、繁殖期以外は、ほとんど海にいて上陸しない。

繁殖年齢に達するまで、例えば、アホウドリは7年間は海上で飛びっぱなしという。

でも、この時期2、3月は、アホウドリがこの航路で見やすいが、

いつでもいるわけでは無いと。

夏7月~9月頃はアラスカ沖やカルフォルニアまで動いている(渡っている)。

アホウドリを見たかったら、

この季節に船上で風に吹かれる必要がある。

かなり寒いというか、冷え切る。

三宅島からでて、東京に戻る間がもっともアホウドリが出ると聞いたが

実際、そうだった。

オオミズナギドリが多数飛び、

アホウドリ類、3種が飛ぶ。

コアホウドリ、アホウドリ、クロアシアホウドリの三種。

コアホウドリは、お腹が白くて、ぷっくり太目ちゃん。

アホウドリは、大きい。

背面が白。そして飛翔が速い。

クロアシアホウドリは、黒くて、翼が細くて長い。

色での判断は、若鳥だと見間違えるので、よくない。

往路に4時間近く、復路にも3時間以上、

プロガイドの識別付きで見ていたら、

体感で識別できるようになった気がする。

飛ぶ速さも、撮影していたらアホウドリが速いと気づいた。

同行したガイドの一人が、ニュージーランド在住でアホウドリ類はよく見ているが

この3種を見たことなかったので、どうしても見たかったという。

3種見られて、とってもうれしそうで、本当に大喜びしていた。

それを見ていて、温かい気持ちになった。

子供みたいにかわいいと思った。

英名だとレイザンLaysan(Albatross)が、コアホウドリ、

ショートテイルShort-tailed(Albatoross) が、アホウドリ。

彼の「レイザン!」「ショートテイル!」と、

出現の度に叫んでいたのが、まだ耳に残っている。

今頃、機上の人でニュージーランドに向かっている頃。

鳥はずっと出るわけでは無いので、

鳥待ちの間に、たくさんおしゃべりする時間がある。

彼の住んでいるニュージーランドの話はもちろん、

インド、エチオピア、南アフリカ、西アフリカの話などした。

彼とは初めて会い、最初はどう話していいかとまどったが

別れる頃には、自分が聞きたいことをたずね、向こうも自分に質問してきた。

私は、人との出会いで、アイデアも、インスピレーションも湧く。

人見知りで、人と口をきかなかった自分が、

人との交わりから多くの事を今は学んでいる。

それにしても、楽しい旅だった。

みんな、ありがとう!!

打合せも無事できたし、

任務完了!!

この記事を書いた人

橋場みき子

橋場みき子

1年に地球5周くらいを移動して、世界の自然を楽しむ旅をご案内しています。動植物観察専門の特殊旅行会社で22年勤務、フリーになってはや3年。

3人家族で、心身ともに健康に、この変わった仕事ができることを目指して、試行錯誤中。

世界の自然の素晴らしさ、生き物の美しさを伝えたい、動物大好きな1972年生まれの女性です。

イベント情報

イベント情報

ただいま、オンラインで、zoomイベントを無料で開催中です。リアルなイベントは、様子をみながら再開を検討します。

  • アフリカに行ってみたいと思っている方
  • 自然の旅に行ってみたい方
  • 世界の自然や文化に興味のある方
  • 旅が好きな方
  • 動植物が好きな方
  • 秘境のたびに憧れている方

みなさん、ぜひ一度お気軽にいらしてください。

私の撮影した写真と共におしゃべりしましょう。

Facebook Page

「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせと、世界の旅で撮影した写真があなたに届きます。